バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2019年05月号 vol.19

会津の国宝

2019年05月04日 23:00 by tetsuo-kanome

 皆さん、会津に国宝があるのはご存知ですか?会津のへそと呼ばれている湯川村に勝常寺というお寺があり、本堂である薬師堂に祀られている薬師如来坐像は国宝に指定されております。また、勝常寺には月光菩薩像と日光菩薩像があり、共に国宝に指定されております。まさに、仏都会津を象徴する国宝です。

 

【国宝 木造薬師如来坐像】 

 

【国宝 月光菩薩像】

 

【国宝 日光菩薩像】

 

 勝常寺は、807年、伝教大師(最澄)の論敵として有名な法相宗の硯学徳一上人によって開かれた東北を代表する古刹です。創建当初の寺院名は詳らかではないですが中世以後勝常寺としております。創立された当時は七堂伽藍が備わり、多くの附属屋、十二の坊舎、百余ヵ寺の子院を有する一大寺院であったと伝えられております。現在残されている建物は元講堂(薬師堂)、本坊(客殿)、庫裏、中門等で仏像も三十余躯あります。これだけ多くの平安初期の仏像が一ヶ所に保存されているのは我が国でも珍しいといえます。

 

【徳一上人像】

  数年前、私は勝常寺に国宝があることを知って初めて訪問しました。勝常寺に到着すると、まさに、古刹の雰囲気漂う境内で、寺の方に本堂を開けて頂き、国宝の薬師如来像を拝謁しました。「薬師如来像」は、ちょうどお顔に光がさしこんできて、私は魂が揺さぶられました。すっかり魅せられてしまい、まさにその場に立ち尽くしてしまったほどです。次に、保存庫の中に案内され、国宝の月光菩薩像と日光菩薩像を拝謁。こちらも素晴らしくまさに“息をのむ美しさ”。勝常寺の国宝はもちろん、仏像の数々はとてもとても見応えがあり、会津の歴史と底力を感じることができました。

【記者 鹿目 哲生】

 

 

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十二】箱館(二)

2019年12月号 vol.26

会津藩校「日新館」を巡る

2019年12月号 vol.26

萩市長会津若松市政120周年式典出席~幕末の会津VS長州の対立 「交流始める第一歩に」

2019年12月号 vol.26

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...