バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2019年05月号 vol.19

唐樋地蔵堂(山口県萩市)

2019年05月06日 18:22 by tetsuo-kanome

 山口県萩市の中心部にある唐樋町に日除け地蔵として地域の信仰を集める「唐樋地蔵堂」があります。この地蔵堂には、定かではありませんが、明治15年頃には既に掲げられていたとされる「白虎隊自刃の石版図」が伝わっており、古くから毎日毎朝、町内会の婦人の方々によって組織される地蔵講の皆様が線香やお茶を絶やすことなく、白虎隊士の供養をされております。

【唐樋地蔵堂】

 正面には大小11体の地蔵が並び、その上に飯盛山での白虎隊の自刃の模様を描いた石版画が掲げられております。

 

 添えられた「忠臣義士」との文字から、白虎隊士を悼み、たたえる思いで描かれたことがうかがえます。

 地蔵堂の建物内の左側には「長州藩の旗」。右側には「會津藩の旗」が掲げられております。

 萩市の皆さんが、こうして白虎隊士を毎朝供養してくれている事実は、会津側の一人として大変ありがたいと思いましたし、もちろん、これからは会津と長州は未来志向で進むべきと強く思いました。

【記者 鹿目 哲生】

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十二】箱館(二)

2019年12月号 vol.26

会津藩校「日新館」を巡る

2019年12月号 vol.26

萩市長会津若松市政120周年式典出席~幕末の会津VS長州の対立 「交流始める第一歩に」

2019年12月号 vol.26

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...