バックナンバー(もっと見る)

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

2019年09月号 vol.23

2019年の夏もジリジリと太陽が照りつける暑い時が続いています。 かつての...

2019年08月号 vol.22

戊辰研マガジン22号をお届けします。  戊辰戦争研究会が全国の会員から原稿...

ザ・戊辰研マガジン

2019年05月号 vol.19

村上殿の日々徒然

2019年05月05日 22:33 by murakamidono

IV 生家と親族の歴史ロマン

  幕末に武州深谷の渋沢一族は揺れたが、最終的に幕府側についた。渋沢栄一の妻 の弟が幕府側の急先鋒である。渋沢一族から彰義隊隊長に推薦された人もいる。

  そのころ渋沢一族に10歳位の少年がいた。体が大きく色白の男子である。明治7年頃、富岡製糸場が竣工。初代工場長は渋沢の親族である。工女第一号も同じ。 信州松代から横田英(えい)さんががきた。静岡依田から6人の工女がきた。 後ほど、長州から工女が沢山来たが、横田英さんと馬が合わなかった。英さんが好きなのが依田工女である。

  富岡製糸場ができたのは、近くに高山長五郎の養蚕技があったからである。 長五郎は「高山社」という養蚕の先生を養成する「学校」を作った。ここの先生 の一人が「貞次郎」さんである。体が大きく色白。日本人離れした人物である。 正式には、高山社では「養蚕の技」を教え、養蚕の先生を養成するのは藤岡であ るが、藤岡には何も残っていない。

「事実は小説より奇なり」というが、後年、この貞次郎が私の母の生家の家族になるのである。想像できない。

  とにかく、後年、貞次郎夫婦は私の母の父に会った。(貞次郎のお孫さんが村 上市に市で最大級の会社を設立。「旭」という字がつく会社で、社長の苗字は 「斎藤」である。驚くことに、現在でも、貞次郎物語を知っている人が藤岡に30 人はいる。中には「教授」を付ける人もいる。

  私の故郷に来た貞次郎夫婦はIIIに記載の空き家に住むことになった。その南側 に観音様があり、その「お守り」をした。私の生家のすぐ後である。ところで、 貞次郎の妻であるが、「どんな人か」に関して。はっきりしたことは書けないが、 小千谷(おじや)出身の小林麻央に似ていると想像する。歌舞伎役者市川の妻で した。

  養蚕のことなら何でも知っている貞次郎さんは、私の祖母と母に「ざくり」を 教えた。「ざくり」とは繭から絹糸を作る装置である。貞次郎は「えびら」も編 んだ。「えびら」とは養蚕道具の一つで、蚕のベットの下に敷くものである。高 山社へゆけば見れる。

  明治期、養蚕のメッカは上州と福島の伊達郡と二本松である。私の生家は「養 蚕の家」であるが、元をただすと貞次郎のおかげである。明治43年、貞次郎が他 界した。村人は彼の死を惜しみ、山から石碑になる石を運んできた。その石碑は 今もある。

  生家と親族の歴史探訪は面白いが、書いてはならぬこともある。まだ、話のタ ネはいくつかあるが、いったん、これで締める。絵を沢山描かねばならない。

  戦後までの故郷の出来事を書きました。現代はずいぶん風潮が変わり、このよう なことは、まずは起こらないと思います。人は、みなそれぞれ、自分の「先祖探 し」があると思います。私は、故郷の神仏、冠婚葬祭などをまとめてまいり、25 巻程度になりました。全部、本にするのは難しいので、自分で、本にしたいと思 います。

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十】米沢、白石、仙台

2019年10月号 vol.24

下北半島を歩く(下風呂温泉)

2019年10月号 vol.24

下北半島を歩く(恐山)

2019年10月号 vol.24

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

2019年09月号 vol.23

2019年の夏もジリジリと太陽が照りつける暑い時が続いています。 かつての...

2019年08月号 vol.22

戊辰研マガジン22号をお届けします。  戊辰戦争研究会が全国の会員から原稿...