バックナンバー(もっと見る)

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...

ザ・戊辰研マガジン

2022年05月号 vol.55

ヤマトの歴史 十津川郷士⑩(御親兵多難-天誅組退去)その2

2022年04月26日 22:28 by tama1

 天誅組と十津川郷の運命を左右する、「上野地本陣」及び風屋「福寿院会談」の様子に ついては、吉見良三著「天誅組紀行」に詳しく書かれています。 また、「十津川草莽記」では同著者は文中で、次のように述べられています。 原理原則には強いが、政治的な駆け引きはまるで駄目な男としては、当然すぎる帰結 だった。それにしても、そんな男を藤本は何故、正使として大切な交渉の場に臨ませた のか。考えてみれば不思議である。あるいはこうなることは計算ずみで、最後に際して 天誅組の存在意義を思いきり叫ばせてみたかったのかと・・・ 十津川郷からの退去を承諾した天誅組は、その日(九月十六日)の夕方、吉村寅太郎の 隊が合流するのを待って撤退を開始しました。 当初、東南端の下葛川村まで南下し、瀞八丁を渡って新宮へ出ようとするも、和歌山藩 勢が行く手を阻んでいたため、やむなく東へ旋回、大峰山系に分け入り、九月二十日の 夕方、笠捨山の険を越えて、ようやく北山郷の浦向村に辿り着いた。十津川郷を抜け出 すのにまる、四日を要したといいます。

 浦向正法寺 地元の旧家に残る記録「西尾家年代記」によると、一行は総勢二百四十人ばかり。 うち、中山忠光以下の隊士は約八十人で、残りは十津川の郷士と人足だった。 隊士はみな、大男で、鎧・兜に陣羽織を着、朱鞘の大小を差し、銘々槍、薙刀、鉄砲 などを持っていたという。 一行はその夜、寺垣内村の正法寺と、浦向村の旧家上平家など二軒に分宿、翌二十一日 朝、東熊野街道を北に向かって出発しました。同行してきた十津川郷士と人夫らは、こ こで別れを告げ、名残おしみながら十津川へ帰ったとあります。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...