バックナンバー(もっと見る)

2022年1月号 vol.51

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は戊辰研マガジンのご愛読を誠に...

2021年12月号 vol.50

開国以来、薩摩藩と長州藩の攘夷運動が活発化しました。しかし、薩英戦争や下関...

2021年11月号 vol.49

土方歳三を描いた「燃えよ剣」が映画として登場しました。  剣の達人であった...

ザ・戊辰研マガジン

2021年08月号 vol.46

会津おやじのブログ、その2

2021年07月28日 16:53 by minnycat

〈会津藩「海防警備」に当たる〉 〈浦賀・能満寺〉(横須賀市鴨居2-24-1)

徳川幕府は「鎖国」政策を取り、外国船の日本への入港は長崎に「出島」を造り、そこへの入航しか認めていなかったが、十八世紀の末頃になると、外国船がしきりに日本へ来航するようになり、蝦夷地等々日本の沿岸に姿を現わす事が度々起きるようになり、幕府は文化五年(1808年)八月、イギリスの軍艦フェートン号が不法に長崎港に侵入し、幕府が唯一認可していた「オランダ」の商船員を捕らえ、食糧・薪水などを得て退去する事件も発生し、「海防策」が急務であることを感じ「江戸湾」の防備を諸藩に命じたのである。 -◇- 文化七年(1810年)二月、幕府は「会津藩」に相模(浦賀周辺)の警備を命じてきたのである。

 会津藩は「観音崎」と「三崎」に「陣屋」を造築し多勢の藩士を派遣して沿岸の警備に当たった。莫大な費用がかかるため、幕府は会津藩封地の「河沼郡」と「越後蒲宗郡」の三万石に替えて相模国三浦・鎌倉五郡の三万石を与えた。その後、十年(1813年)に幕府と「ロシア」との間に「和議」が成立し、警備体制が縮小され、文政三年(1820年)相模沿岸は「幕府・浦賀奉行」の管轄となり、十年間におよんだ警備の任務を会津藩は解かれたのである。 -◇- 代筆 minnycat

〈能満寺の本堂〉 小高い丘陵地に建つ

異国船来航と江戸湾防備

関連記事

戊辰戦争研究会主宰 星亮一氏 急逝のお知らせ

2022年1月号 vol.51

追悼 星亮一先生

2022年1月号 vol.51

【幕末維新折々の記・二十五】日本銀行本店本館

2022年1月号 vol.51

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年1月号 vol.51

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は戊辰研マガジンのご愛読を誠に...

2021年12月号 vol.50

開国以来、薩摩藩と長州藩の攘夷運動が活発化しました。しかし、薩英戦争や下関...

2021年11月号 vol.49

土方歳三を描いた「燃えよ剣」が映画として登場しました。  剣の達人であった...