バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

ザ・戊辰研マガジン

2021年08月号 vol.46

会津おやじのブログ、その2

2021年07月28日 16:53 by minnycat

〈会津藩「海防警備」に当たる〉 〈浦賀・能満寺〉(横須賀市鴨居2-24-1)

徳川幕府は「鎖国」政策を取り、外国船の日本への入港は長崎に「出島」を造り、そこへの入航しか認めていなかったが、十八世紀の末頃になると、外国船がしきりに日本へ来航するようになり、蝦夷地等々日本の沿岸に姿を現わす事が度々起きるようになり、幕府は文化五年(1808年)八月、イギリスの軍艦フェートン号が不法に長崎港に侵入し、幕府が唯一認可していた「オランダ」の商船員を捕らえ、食糧・薪水などを得て退去する事件も発生し、「海防策」が急務であることを感じ「江戸湾」の防備を諸藩に命じたのである。 -◇- 文化七年(1810年)二月、幕府は「会津藩」に相模(浦賀周辺)の警備を命じてきたのである。

 会津藩は「観音崎」と「三崎」に「陣屋」を造築し多勢の藩士を派遣して沿岸の警備に当たった。莫大な費用がかかるため、幕府は会津藩封地の「河沼郡」と「越後蒲宗郡」の三万石に替えて相模国三浦・鎌倉五郡の三万石を与えた。その後、十年(1813年)に幕府と「ロシア」との間に「和議」が成立し、警備体制が縮小され、文政三年(1820年)相模沿岸は「幕府・浦賀奉行」の管轄となり、十年間におよんだ警備の任務を会津藩は解かれたのである。 -◇- 代筆 minnycat

〈能満寺の本堂〉 小高い丘陵地に建つ

異国船来航と江戸湾防備

関連記事

【幕末維新折々の記・二十一】開拓使ビール

2021年09月号 vol.47

会津藩士進撃隊三番砲兵隊の鹿目幸之助、その孫の鹿目善輔隊長、善輔隊長の甥の鹿目一郎

2021年09月号 vol.47

「佐賀の乱」首謀者 高知で逮捕・緊迫感明治期の県報に

2021年09月号 vol.47

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...