バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

2020年1月号 vol.27

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にあり...

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

ザ・戊辰研マガジン

2018年07月号 Vol.9

今月の倉敷美観地区、「御田植祭」ですよ!

2018年06月26日 13:46 by minnycat

倉敷美観地区には阿智神社と言う地元の神社があります。6月は御田植祭でした。 8時から「祭典」を行った後、オリジナルの「田植え唄」を太鼓と笛の音色に合わせて歌い手が唄い、それを合図に白丁・早乙女・カラス(子供たち)が稲を植えていきます。ここで植えられた稲は、当社の注連縄(しめなわ)に使用するほか、収穫されたお米はお正月に使用します。

梅雨時でしたが、みなさん、日ごろの行いが良いので、お天気で良かったです。

その後、美観地区を散策しました。いつもきれいな美観地区です。

左手先のオレンジ色の壁の建物は大原家の別宅となります。今は、クラレの所有で、連休などには内部公開してくれます。和洋折衷の素晴らしい室内です。なんと昭和天皇も泊まられました。

この小路も好きな道です。両際は料亭です。

そして、大原美術館前へと出て来ます。

昭和五年に開館された、、大原美術館です。その前の橋は、昭和天皇が皇太子の時に倉敷に来られた時に造られた石橋です。基礎はコンクリートでできています、橋には菊の紋章がデザインされています。

今年のヒナは誕生しませんでした。残念でしたね、白鳥さん!

アジサイが見事です。

関連記事

【幕末維新折々の記・二】七卿落ち

2020年02月号 vol.28

戊辰戦争後の松平容保公と松平家当主の変遷

2020年02月号 vol.28

熊本 幕末明治史跡と世界遺産紀行その3 

2020年02月号 vol.28

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

2020年1月号 vol.27

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にあり...

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...