バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

ザ・戊辰研マガジン

2021年05月号 vol.43

旅の安全を祈る

2021年04月15日 23:02 by hidamarikun

2021年4月某日、福島県より神奈川県に転職転居しました。活動範囲を広げるためにおもいきって移住し、新生活前に6泊7日の気分転換をしに近畿地方へ旅行。旅行内容は、奈良吉野、奈良公園散策と京都幕末散策と城めぐりを計画。基本知識だけ身につけていざ行動。

さて、奈良に行く前に【伏見稲荷大社】にて、安全祈願をします。二年前の正月三が日に一度来たのですが、ものすごい初詣客に圧倒されて諦めた場所です。

今回は、1ヶ月半もある有給休暇(消化)のため身体がなまらないように体力づくりをという目標で1日徒歩・山登りをしようと思います。

さて、【伏見稲荷大社】は、全国に約3万社もあるお稲荷さんの総本宮であります。

「衣食住ノ太祖ニシテ萬民豊楽ノ神霊ナリ」とされ、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神様として信仰され、一ノ峰といわれる稲荷山山頂では、三角縁変形神獣鏡(さんかくぶちへんけいしんじゅうきょう)が出土した前方後円墳とされています。

参道を進み鳥居を潜り抜けると鮮やかな朱色の楼門が姿をあらわします。この楼門は、豊臣秀吉が母(大政所)の病気平癒の祈願成就に伴い寄進されたものです。

この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

【幕末維新折々の記・二十一】開拓使ビール

2021年09月号 vol.47

会津藩士進撃隊三番砲兵隊の鹿目幸之助、その孫の鹿目善輔隊長、善輔隊長の甥の鹿目一郎

2021年09月号 vol.47

「佐賀の乱」首謀者 高知で逮捕・緊迫感明治期の県報に

2021年09月号 vol.47

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...