バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...

ザ・戊辰研マガジン

2020年10月号 vol.36

村上殿の日々徒然

2020年09月26日 17:54 by murakamidono

花つくり -

 私は、いろいろの花をつくっています。今年は、恒例の「さくらまつり」は中止となりました。 故郷のおばさんは、家の周りを、花一面に栽培しています。私は、この花の名前を知りませんが、「みやこわすれ」ではないか、という人がおります。

歴史を教えてくれる繭 - 食べ物を作る

 「おにぎり」をつくり、軽く味噌を塗って、囲炉裏で焼きました。味噌の味と「火を通すこと」が大事です。 笹団子、チマキ、やまもちなど自分で作り、味を確かめています。

 大変な世の中になって来た。 最悪の事態を予測して、以前から「食べ物」を栽培する畑などを探していた。

 今年は「かぼちゃ」を栽培する予定である。 私は、帰省すると、このようなところを散策している。もうすぐ帰省する。「かぼちゃ」を目指す  故郷です。向こうに連山が見えます。その合間に、舗装された道路があり、自転車で飛ばすこと40分くらいに、集落があります。そこで、同級生が「栃餅」を作っているらしい。

 熊が出そうなので、今年は、太鼓を、たたきながら向こうへ行くつもりです。

 故郷の光景です。右手に小高い山があります。戊辰戦争後、新発田藩主と藩士たちが、この山の裏のほうに移住し、集落を作りました。 私は帰省すると、こんなところを自転車で廻って、人と話して、歴史や伝説を聞いています。

関連記事

【幕末維新折々の記・十九】東京商法講習所

2021年07月号 vol.45

会津おやじのブログ、その1

2021年07月号 vol.45

みちこの幕末つれづれ 

2021年07月号 vol.45

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...