バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

ザ・戊辰研マガジン

2020年07月号 vol.33

新緑ゆるりドライブ 其の壱

2020年07月05日 11:39 by hidamarikun

新緑シーズン到来ということで、猪苗代の中ノ沢と郡山の磐梯熱海を結ぶ難所と呼ばれた【母成峠】へ

ここ母成峠は、もともと関ヶ原の戦いの前夜の慶長5年(1600)に上杉景勝によって築かれた防塁から始まります。

幕末に至り、戊辰戦争の戦線が東上するにあたり新政府軍を迎え撃つために、会津藩が同じ場所に陣を築きました。

※幕末の防塁は、土塁・塹壕・砲台などで構成されています。特に、塹壕は、全長384mからなるようですが、この時期、熊が出るかもなので、鈴無し軽装のため山にinするのはやめました。度胸無くすいませんm(_ _)m

さて、戊辰戦争においては、大鳥圭介率いる伝習隊、土方歳三率いる新撰組など800人の旧幕府軍と板垣退助、伊地知正治率いる約3000の新政府軍の戦い(母成峠の戦い)の舞台となります。

 

午前9:00頃……濃霧の中……砲撃で始まる。。

続く

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...