バックナンバー(もっと見る)

2021年1月号 vol.39

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は戊辰研マガジンのご愛読を誠に...

2020年12月号 vol.38

今回の表紙は栃木県那須塩原市に建つ大山記念館。大山巌(旧薩摩藩士・元帥・公...

2020年11月号 vol.37

戊辰研マガジンは今回で37回の発刊になります。  表紙の描写はほとんどが風...

ザ・戊辰研マガジン

2020年07月号 vol.33

聖地〜鶴ヶ城

2020年07月05日 13:37 by tetsuo-kanome

 この二つの鶴ヶ城のポスターは、最新のもので、現在、東武鉄道全線にて、こちらのPRポスターを掲示しているそうです。歴史的関係が深い日光と会津、この2つの有名な観光地が実は意外と近いんです。是非、東武鉄道を利用して、日光~会津の旅を満喫してみてはいかがでしょうか?

https://diamondroutejapan.com/

 私は、「SAMURAI CITY AIZU」の鶴ヶ城のポスターに一目ぼれして、会津若松観光ビューローさんにお願いして自宅にお送りいただきました。額に入れて部屋に飾りました。会津若松観光ビューロー様、心から感謝申し上げます。

 さて、その鶴ヶ城ですが、嬉しいニュースです。映画やドラマのロケ地はときに「聖地」と呼ばれることもあります。聖地を目指して旅行する熱烈なファンも少なくありません。今回、ウェイブダッシュでは、みんなのランキング第10回「行ってみたい・見てみたいロケ地ランキング(東日本編)」のトップ10を発表しました。どれも「あ〜あそこね!」と納得のスポットばかりです。その中で、我らが『鶴ヶ城』が堂々第三位!!!凄い。

https://dime.jp/genre/939522/

 会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」は、NHK大河ドラマ『八重の桜』の舞台となった場所。美しい赤瓦をはじめ、石垣、茶室などの魅力もたくさんあります。市民公園にもなっており、会津若松市民にとって身近な存在で、親しまれているお城です。

 そして、そして会津若松市にある鶴ヶ城の天守閣では、6月27日から市内の子どもたちを無料で招待しております。無料招待されたのは、会津若松市内の小・中学校、高校に通う子供たち約1万5千人とその家族。例年行っている鶴ヶ城での遠足や総合学習の授業が、新型コロナウイルスの影響で中止となっております。そこで地元の観光施設を訪れ、郷土愛を育んでもらおうと企画されました。 初日の27日は早速家族連れが訪れ、天守閣からの眺めを楽しんでおりました。訪れた子供の父親は 「外から見てることが多いが、内側から見ることはほとんどないですね。」訪れた子ども(小5)は 「歴史やいろいろな体験ができて楽しかったです。」 この鶴ヶ城天守閣・麟閣への無料招待は、8月末まで行われております。

  この機会に会津若松市内の子供たちやそのご両親も、鶴ヶ城を改めて訪問して会津の歴史、会津の真実に触れて頂き、何かを感じ取ってもらいたいものです。

 

I LOVE SAMURAI CITY AIZU!!!

I LOVE TSURUGAJO!!!

【記者 鹿目 哲生】

 

関連記事

【幕末維新折々の記・十三】鉄道開業と新橋停車場

2021年1月号 vol.39

『戊辰白河口戦争記』を読む(6)地形図で確かめながら

2021年1月号 vol.39

青天を衝け

2021年1月号 vol.39

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年1月号 vol.39

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は戊辰研マガジンのご愛読を誠に...

2020年12月号 vol.38

今回の表紙は栃木県那須塩原市に建つ大山記念館。大山巌(旧薩摩藩士・元帥・公...

2020年11月号 vol.37

戊辰研マガジンは今回で37回の発刊になります。  表紙の描写はほとんどが風...