バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

2019年09月号 vol.23

2019年の夏もジリジリと太陽が照りつける暑い時が続いています。 かつての...

ザ・戊辰研マガジン

2019年07月号 vol.21

倉敷美観地区散歩、6月!

2019年07月02日 16:23 by minnycat

6月の倉敷美観地区を歩いて来ました。今年は梅雨入りが遅く、連日、素晴らしい晴天です。

右側の建物は、大正5年に建てられた役所で現在は観光案内所ですが、8月末まで改修工事中です。

右手の建物は大原家の別宅です。今は、クラレの所有で時々、内部を公開してくれます。左手が中国銀行です。今は、大原美術館確が管理しています。

左手奥が大原美術館です。右手の藏が大原家の藏、更に右側に3つほど並んでいます。

右の建物が倉敷美観地区の唯一の造り酒屋「森田酒造」、ブラタモリの倉敷編でご当主が出ておられました。

美観地区のお茶屋さん、香ばしい香りが漂っています。このお店のアジサイは特に有名です。

大原家の別宅です。前は大原美術館です。この橋は昭和天皇が皇太子の時に倉敷に来られた時に大原家が出資して造られました。基礎はコンクリートです。その時にこの別宅に泊まられました。

「倉敷民藝館」です。江戸時代末期の米蔵を利用しています。古今東西の民芸600点が展示されています。

美観地区のちょうど真ん中にかかる橋の中橋です。

阿智神社への登り口です。ブラタモリの倉敷編ではタモリさんも息を切らして上って行きました。

美観地区の一本外回りの東町通りです。

アイビースクェアーの入口、クラボウ(倉敷紡績)の発祥地です。中にはホテルやショップがあります。NHKの朝の連続小説ドラマの「マッサン」のエリーの故郷・スコットランドのロンモート蒸溜所として登場しました。

例年5羽は生まれていたヒナ、今年は1羽です。寂しい限り、、、来年を期待しましょう!!

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十一】箱館(一)

2019年11月号 vol.25

村上殿の日々徒然

2019年11月号 vol.25

令和元年台風19号の爪痕

2019年11月号 vol.25

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

2019年09月号 vol.23

2019年の夏もジリジリと太陽が照りつける暑い時が続いています。 かつての...