バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2019年07月号 vol.21

今月号の表紙

2019年07月05日 23:00 by norippe

 今月号の表紙は京都伏見にある寺田屋。写真は当マガジン記者のminnycatさん提供。ただ単に寺田屋事件と言っても、この寺田屋では二つの事件が起きている。
 ひとつは文久2年4月23日(1862年5月21日)に発生した寺田屋事件。これは薩摩藩の尊王派による倒幕の挙兵を、藩士同士が寺田屋で斬り合って未然に防いだという凄惨な事件であった。薩摩藩は有望な多くの藩士を失い大きな痛手を受けたのである。そしてもうひとつは慶応2年1月23日(1866年3月9日)薩長同盟の締結直後、寺田屋へ宿泊していた坂本龍馬を伏見奉行所の捕り方が包囲、坂本龍馬を捕縛もしくは殺害しようとした事件である。
 これらの寺田屋事件を区別するため、先の事件を「寺田屋騒動」、後の事件を「寺田屋遭難」と呼んでいる。


現在の寺田屋


 先の寺田屋騒動は薩摩藩の藩士同士の争いであるが、後の寺田屋遭難は、伏見奉行所の包囲を破って寺田屋から脱出した坂本龍馬を保護したのが京都薩摩藩邸の藩士達。そしてそれを指揮したのが西郷隆盛だったと言われている。薩摩藩の藩士がこのふたつの事件に関わっていた事件なのである。

「薩摩藩の寺田屋騒動」
 文久2年(1862年)4月16日京都に到着した島津久光は薩摩藩兵一千名を率いており、尊皇派の志士たちはこれが倒幕の尖兵になると信じていたが、当の島津久光にその気は全くなく、彼自身は亡き兄の島津斉彬が推進しようとしていた公武合体派で朝廷、幕府そして薩摩を始めとする雄藩が政治的な提携を結んで国政を動かすことを是としていた。
 この考えを逸脱する薩摩尊王派の考え方が久光には許し難い行為に写り、これを粛清しようと考え、西郷隆盛や村田新八らはすでに捕らえられて大阪から薩摩へ帰され、久光は入京後すぐに朝廷より尊王派志士の粛清を命じられた。

 この事実を知った薩摩尊王派の有馬新七、柴山愛次郎らは真木和泉を代表とする諸藩の尊王派志士と共謀し、関白・九条尚忠、京都所司代・酒井忠義を襲撃することで久光に決起を促そうとし、その謀議のために寺田屋に集結した。
 この知らせを聞いた久光は激怒し、側近の大久保一蔵(利通)や奈良原喜左衛門を派遣して思い止まるよう説得させるのだが、失敗に終わってしまう。
 決起が迫っているとの注進を受けた久光は再び説得するために鎮撫使を派遣したのだが、今回は投降しない者は討ち取ることもやむ無しの復命を付けての派遣だったので、在京藩士のなかでも剣術に優れた者が使者に選ばれており、薬丸自顕流の大山格之助、道島五郎兵衛、奈良原喜八郎ら8名が選ばれた。

 寺田屋に到着した鎮撫使一行は、とりあえず面会を申し入れるのだが拒否され、仕方なく力尽くで中へ押し入ろうとしたが過激派藩士に阻止され、押し問答となったのである。
 結局、過激派藩士側の有馬新七、柴山愛次郎、田中謙助らと鎮撫使側とが一階で話し合うこととなったのだが、藩邸への同行を求める鎮撫使側とそれを拒否する過激派との話し合いは平行線を辿り、これに我慢できなくなった鎮撫使側の道島五郎兵衛が田中謙助に斬りつけたのを発端に薩摩藩士同士の激しい斬りあいが始まってしまったのである。

 両陣営が狭い旅籠の中での死力を尽くしての戦闘になったため、寺田屋の一階は目を覆うような惨状となってしまった。
 その中で有馬新七は直心影流の達人であったが戦闘の最中に刀を折ってしまい、渡り合っていた道島五郎兵衛を壁に押さえ付けると近くにいた橋口吉之丞に向かって「我がごと刺せ」と叫び、橋口は有馬の背中から刀を突き刺して道島をも殺害したのである。
 一階の騒ぎに気付いた柴山景綱達が刀を持って階段を降りようとしたのだが、階段下で刀を捨てた奈良原が立ち塞がり、「君命だ、同士討ちは止めて、藩邸へ同行してほしい」と訴え、これに真木和泉らが同調したため、お互いが刀を鞘に治めることができたのである。

 鎮撫使側は道島五郎兵衛が死亡、森岡善助が重傷、奈良原喜八郎以下4名が軽傷、過激派藩士側は有馬新七以下6名が死亡、田中謙助・森山新五左衛門が重傷となり、7名もの未来ある若者が命を落とした。
 しかし悲劇はここで終わらず、二階にいて投降することとなった西郷信吾・大山弥助ら21名が帰藩ののち謹慎処分となり、諸藩尊王派志士はそれぞれの藩へ帰され、所属のない浪士に関しては薩摩藩引き取りとなったのだが、田中河内介以下6名は薩摩へ連れて行かれる途中に惨殺され遺体は海へ捨てられた。(5名の遺体は漂着先で埋葬されている。)
 薩摩藩京都藩邸にいて病気療養のため寺田屋の会合に出席しなかった山本四郎も帰藩、謹慎を命ぜられるがこれに服さず結果的に切腹となり、また重傷で藩邸に運ばれた田中謙助・森山新五左衛門の2人も後に切腹を命ぜられ、寺田屋で討たれた6人と後に切腹した3人の合計9名は寺田屋事件・薩摩九烈士として京都市伏見区鷹匠町にある大黒寺に葬られている。


寺田屋騒動で亡くなった薩摩九烈士の墓

 幕府と朝廷の間を斡旋するために島津久光は上洛しようとするが、京都に手蔓がなかったため、仕方なく西郷隆盛を奄美大島から呼び戻した。
 しかし、西郷隆盛は島津久光に対して無礼な態度をとり、同行も拒否するのだが大久保利通らに説得され、下関へ先行して村田新八とともに島津久光の到着を待ったのである。
 ところが下関で京都の過激派志士の動向を聞き、これを阻止しようと船で大阪に向かい、3月29日に伏見に到着し決起しようとする藩士らの説得を始めるのだが、海江田信義らから西郷隆盛が過激派志士を煽動し、下関待機命令も破ったという報告に激怒した島津久光によって西郷隆盛、村田新八らは捕縛されて鹿児島へ強制送還されてしまうのである。
 この寺田屋事件には西郷隆盛をリーダー格としていた精忠組のメンバーが多く参加していたため、西郷隆盛自身が首謀者との見方もあり、この捕縛は仕方のない処置であった。

 有馬新七ら6名の遺体は呉服商・井筒屋伊兵衛によって運び出され、葬儀は寺田屋の女主人・お登勢が取り仕切ったのだが、事件直後は上意討ちであったために墓石すら許されていなかったのである。
 元治元年(1864年)、9名が恩赦によって名誉が回復すると、西郷隆盛は私財を投じて墓碑銘を自身で書き手厚く葬り直し、伏見寺田屋殉難九烈士之墓と直筆の石碑も建立した。(現存する石碑は昭和になって改修されたものである)

 寺田屋事件によって薩摩藩過激尊王派は致命的打撃を受け、この後は藩上層部の意向に逆らうような暴発もなくなったのである。西郷隆盛はこの一件で再び島流しとなるが、復権した後は明治維新に貢献する活躍であった。
 幕末の悲劇の中でも同一藩の藩士同士が斬り合うという凄惨な事件はまれで、この戦闘に参加することとなった者の心情はどれほどであったか推察するのも心苦しいほどである。

参考文献:歴史系情報サイト歴史人より「薩摩藩の寺田屋事件」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...