バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2019年07月号 vol.21

桜宝寿のいろいろ感想、「神風連の乱関連史跡」

2019年06月30日 16:30 by katsukaisyu

 神風連の乱関連史跡

 まだまだ気分は「西郷どん」ということで、2018年秋に熊本の幕末史跡を巡った時 の紀行文を掲載します。 熊本は大地震に見舞われ、本当に大変でしたが、復興に向けて、県民の皆様、頑張っ ておられました。

 熊本城の写真です。危険とのことで、お城に近づくことはできませんでした。 お城は山の上にあり、市民の皆様は、この痛ましい城を日々眺めておられるわけ でして、一日も早い復興を願います。

桜山神社 熊本市中央区黒髪5-7-57

「西郷どん」で、ちらっと、熊本の士族たちが起こした反乱、神風連の乱が出てきま した。 この乱は、林 桜園(おうえん)という国学・神道を教えた先生の弟子たち(勤 王党)の中で明治政府に強い不満をもつ士族が起こしたものです。直接的には廃 刀令に反発して、挙兵するに至りました。乱に関わった人たちの子孫が、明 治18年に設立したのが桜山神社です。

 神社の中には神風連資料館があり、見ごたえがあります。乱関係者の資料が豊富に 展示されていました。写真もOKでしたので、ご紹介します。乱関係者の刀です。

 宮部鼎蔵は桜園の弟子で、宮部が吉田松陰とともに奥州を旅した際、宮部の背負子 (しょいこ)の板に松陰が書いた漢詩が展示されていました。

 松陰の書と手形も見れます。

 神社には宮部鼎蔵の歌碑や、桜園、宮部、河上彦斎、神風連の乱関係の人々の 墓所がありました。

 河上は「るろうに剣心」の抜刀斎のモデルとも言われる人物ですが、佐久間象 山を暗殺したと伝わります。和歌を詠んだようで、資料館で歌集が販売されてい ました。河上彦斎は変名で、本名は高田源兵衛とのことです。大した罪も無く、 明治4年に刑死しました。明治政府にとっては、生かしておけない人物だったの でしょう。

 桜山神社は熊本中心部からバスで行けるので、幕末好きにはお薦めです。

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十二】箱館(二)

2019年12月号 vol.26

会津藩校「日新館」を巡る

2019年12月号 vol.26

萩市長会津若松市政120周年式典出席~幕末の会津VS長州の対立 「交流始める第一歩に」

2019年12月号 vol.26

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...