バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2018年06月号 vol.8

2018年、GWの倉敷美観地区!

2018年05月29日 21:03 by minnycat

GWの倉敷美観地区のご報告です!いつもながら綺麗な美観地区、、

倉敷小町も、お出迎えです!

今回は、今年から公開されている重文「大原家の本邸」を見学しました。 大原美術館の倉敷川を挟んで、すぐ前です。 大原家のご当主は、京都の別邸にお住まいで、こちらには住んでおられません。 (桜はもう散っています。)

二年前に特別に入らせて頂きました。その時は、蔵ははぎっしりと物が詰まっていて、前には巨大な犬小屋がたくさんありましたが、すべて整理され素晴らしい展示施設となっていました。

大原家の蔵書を見ながらのコーヒー・コーナーもあります。

代々の大原家当主の愛用した品々が並びます。

残念ながら庭には降りることはできません。なぜか、、素晴らしいコケが生えているからです。

土間には「大原家当主」の言葉が投影されていました。大原家200年の歴史です。

天領 倉敷は「古禄」と呼ばれる世襲の勢力が栄えていて、その代表格が水澤家であった。 大原家は綿仲買商人として大いに発展し、その水澤家の番頭として元禄年間に倉敷へ。 そして、新田・塩田開発で力をつけ、「新禄」という商人の新興勢力として台頭していった。 1889年(明治22年)倉敷紡績(クラボウ)の設立に参加、そして発展させて財閥ともいえる発展を遂げる。後、大原美術館など数々の施設を造営していくのである。

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十二】箱館(二)

2019年12月号 vol.26

会津藩校「日新館」を巡る

2019年12月号 vol.26

萩市長会津若松市政120周年式典出席~幕末の会津VS長州の対立 「交流始める第一歩に」

2019年12月号 vol.26

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...