バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

ザ・戊辰研マガジン

2021年10月号 vol.48

十津川郷士⑧(御親兵多難-天誅組の変)、その1

2021年09月28日 14:44 by tama1

十津川郷士⑧(御親兵多難-天誅組の変) 

 大和の歴史 京へ出てきたばかりで、西も東もわからない山家の郷士にとって、一瞬にして頼りの参政 卿や長州藩の失脚は、あまりにも衝撃が強すぎて、適切な判断がつかない状態でした。 同時に、目前にみせつけられた醜い暗闘で、宮廷という世界に消し難い幻滅感を抱かされ たことでしょう。郷士らには大変なショックでした。

 長沢俊平から勤王思想というものを植え付けられていた、十津川郷士たちは、宮廷という 存在に崇高、清浄なる別世界の観念を持っていただだけに、天皇は神であり、各宮方も 公家衆もみな聖上の血を引いた身内同士であり、俗世間にあるような醜い暗闘など起こり 得ないと彼らは思っていました。 それが、あっさり裏切られた。それは国の権力という甘美な獲物をめぐっての争いだけに 俗世間の争いよりは、はるかに陰湿で悪どいということを、主税ら十津川郷士たちはこの 政変でいやというほど思い知らされたのでした。 行き場を失った十津川郷士百八十人!

 このまま放っておけば、折角の精鋭も攘夷の”天誅”浪士同様の浮浪集団になってしまい かねない。主税ら幹部たちは、その日から手蔓を頼って郷士の身分保持運動に走り回る ことになります。

 やはり、頼りは中川宮ということになります。政変の余波で行き場を失った御親兵の問 題は、責任を感じた中川宮が、伝奏野宮定功(ののみやさだいさ)に指示して、郷士ら を参政方支配から伝奏方支配に移すことで解決しました。

 八月二十六日、野宮は郷士総代の上平主税と千葉定之介を呼び出し、正式の沙汰がある まで、取り敢えず市中の巡察に当たるよう命じ、次いで九月四日、「両伝奏支配之事」と の沙汰を下しています。 両伝奏とは飛鳥井雅典(あすかいまさのり)と野宮定功の二人のことで、この両人が、 郷士の新しい主君となり、主税ら郷士は半月ぶりに安堵することが出来たのでした。

 しかし、一難去ってまた一難! 災難というものは連続して起きるもので、勤番問題がまだ解決をみぬうちに、主税ら郷士 の上には、また新たな災厄がふりかかってきていたのです。国元の十津川郷に、「天誅組」が立て籠もったというのです。

 孝明天皇の大和行幸・攘夷親征の詔勅(文久三年八月十三日)の布告に伴いすぐさま動い た、土佐の吉村寅太郎、三河・刈谷の松本奎堂ら激派の浪士が前侍従中山忠光を担いで 決起、御親征の先駆けを勤めようと、八月十七日の夕、大和五条代官所を襲い、代官鈴木 源内らを血祭りにあげた、いわゆる「天誅組の変」はよく知られているところです。

 しかし、皮肉なことに、彼らが代官所を屠って凱歌をあげた、丁度その直後に、京では 八・一八政変が突発、廟堂は公武合体派の手に移り、大和行幸も取りやめになりました。

 大和行幸の先鋒となるべく「皇軍御先鋒」として、行幸に先立って幕府の天領地を管轄す る大和五条代官を討って大和を平定し、兵を募って御親兵として天皇を迎えようとした浪 士たちは、大義名分を失い、代官所を討ったことで、朝敵として幕府の追討を受けると いう手痛い誤算でした。         次号に続く

関連記事

【幕末維新折々の記・二十二】旧米沢高等工業学校本館

2021年10月号 vol.48

2021年戊辰戦争殉難者慰霊祭開催

2021年10月号 vol.48

会津おやじのブログ、その4

2021年10月号 vol.48

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...