ザ・戊辰研マガジン

Vol.6

倉敷春宵あかり2018 !

2018年03月29日 20:11 by minnycat

美観地区周辺の歴史的町並みが舞台です。優しい光を放つ行灯やLEDライトで発光された影絵などが配置され、ほのぼのとした灯りのエリアが登場です。早春の倉敷の町並みを温かな灯りが包み、夜の散策を楽しみます。3日から18日まで影絵が実施された、最終日とその前日の「スペシャルデー」にはさまざまな催しが行われました。

日本各地から世界中から多くの観光客でにぎわいました。

可愛い女性も笑ってお出迎えです。

通りには番傘を並べて雰囲気が盛り上がりますね。

街並みも綺麗です。

大原美術館も夜空に浮かび上がっています。

素晴らしい春の宵でした。

関連記事

【都内、幕末維新史跡・八】大倉喜八郎と東京経済大学

2018年11月号 vol.13

会津若松と柴五郎

2018年11月号 vol.13

福島県立博物館「星先生講演会」会津にGO!

2018年11月号 vol.13

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年11月号 vol.13

戊辰戦争研究会が発行するマガジン、「戊辰研マガジン第13号」です。

2018年10月号 vol.12

戊辰戦争研究会が発行するマガジン、「戊辰研マガジン第12号」です。

2018年09月号 vol.11

戊辰戦争研究会が発行するマガジン、「戊辰研マガジン第11号」です。