バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.30

弥生3月桜の季節になった、このマガジン30号が発刊される頃はすでに葉桜とな...

2020年03月号 vol.29

「長州は未来永劫に仇敵だっ」と会津人が言ったのは152年前である、だが会津...

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

ザ・戊辰研マガジン

2020年1月号 vol.27

しまなみ海道、バスの旅

2020年01月01日 21:36 by minnycat

しまなみ海道バスの旅、愛媛県西条市にある「もみじ寺」として名高い、「西山興隆寺」に行って来ました。

  桓武天皇の勅願寺となって以来、千有余年、東予随一の霊地として信仰を集める寺。

本堂や銅鐘など多くの文化財を有し、紅葉の名所で背後の山である「西山」を付して「西山興隆寺」と呼ばれています

 紅葉は見ごろを過ぎましたが、まだまだ良い感じでした。三重塔(県指定文化財)19.6m、天保7年(1836)作 塔の内部には、四天柱があり大日如来を安置しているそうです。

 

 

 結構、階段が多かったです。

 千年杉の切り株もありました。

 久しぶりに瀬戸内海を見ました。この可愛らしい山は、瀬戸富士でしょうか。瀬戸内海で外周が0.1Km以上の島の数は727だそうです。バスガイドさんがいろいろと教えてくれました。

 帰りのお土産屋さんにあったタコツボです。結構、小さいですね。天気が良く楽しいバスの旅でした。

 *西山興隆寺

*正式名 :仏法山 仏眼院 興隆寺

*愛媛県西条市丹原町古田1657

関連記事

【幕末維新折々の記・四】「御花畑」(近衛家別邸)

2020年04月号 vol.30

攬勝亭図

2020年04月号 vol.30

会津三庭園の一つ攬勝亭が開発の危機!

2020年04月号 vol.30

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.30

弥生3月桜の季節になった、このマガジン30号が発刊される頃はすでに葉桜とな...

2020年03月号 vol.29

「長州は未来永劫に仇敵だっ」と会津人が言ったのは152年前である、だが会津...

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...