バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.30

弥生3月桜の季節になった、このマガジン30号が発刊される頃はすでに葉桜とな...

2020年03月号 vol.29

「長州は未来永劫に仇敵だっ」と会津人が言ったのは152年前である、だが会津...

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

ザ・戊辰研マガジン

2019年12月号 vol.26

倉敷美観地区の秋を歩く!

2019年11月27日 17:15 by minnycat

紅葉真っ盛りの倉敷美観地区を散歩して来ました。上の画像は、今年、一羽生まれたヒナです。そろそろ、他家に養子に行く頃です。寂しくなりますね。

重要文化財の大原家の本邸です。未公開でしたが、やっと常時公開してくれるようになりました。

少し歩くと、美観地区の真ん中、観光案内所前です。右手の建物ですが、リニューアルオープンはもうすぐですね。完成が楽しみです。

工芸館の裏通りです。この道が好きです。あまり人も歩いていませんし、、。

お散歩途中のワンちゃんと出会いました。お行儀が良いですね。

大原家の藏です。数棟あります。

ナイスタイミングで、成人式用の写真撮影のお嬢様と出会えました。綺麗ですね。

左手が大原家の藏です。ずっと続きます。江戸・元禄年間の建物です。

ゆったりして落ち着けますね。

このような裏道があちこちに、、!

 「はしまや呉服店」です。 創業明治2年です。

サルトルとボーヴォワール、浜田庄司、河井寛次郎、柳宗悦、バーナード・リーチなど多くの著名人を迎えた倉敷の老舗呉服店です。司馬遼太郎も来ています。

関連記事

【幕末維新折々の記・四】「御花畑」(近衛家別邸)

2020年04月号 vol.30

攬勝亭図

2020年04月号 vol.30

会津三庭園の一つ攬勝亭が開発の危機!

2020年04月号 vol.30

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年04月号 vol.30

弥生3月桜の季節になった、このマガジン30号が発刊される頃はすでに葉桜とな...

2020年03月号 vol.29

「長州は未来永劫に仇敵だっ」と会津人が言ったのは152年前である、だが会津...

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...