バックナンバー(もっと見る)

2023年秋季号 第3号

戊辰戦争では、当時の会津藩は鳥羽・伏見の戦いで「朝敵」とみなされ、その後も新政…

2023年春季号 第1号

令和5年4月、季刊誌となりました『ザ・戊辰研マガジン』第1号をお届けします。 …

ザ・戊辰研マガジン

2024年冬季号№4

信州のご馳走

2024年01月07日 09:01 by tetsuo-kanome
2024年01月07日 09:01 by tetsuo-kanome

 2023年11月23日~24日の二日間、初めての信濃路の旅に夫婦で行ってきました。松本市と長野市の信州のご馳走を紹介します。

松本市に到着後、国宝「松本城」を訪問後、食べログ人気№1の手打ち蕎麦「浅田」の十割蕎麦を堪能しました。蕎麦の香りが素晴らしく、信州蕎麦を堪能しました。

 昼食後、松本市内のもう一つの国宝の「旧開智学校」を見学後、コーヒータイムで松本市内の老舗洋菓子店「マサムラ」に行きました。

 自宅用にお土産で購入した「松本城の天守石垣サブレ」が美味しかったです。

 翌日の11/24は、宿泊したホテルから長野市に向かう途中にJAの直売所の「ハイジの里」に立ち寄って、信州のりんごやりんごジュース、りんごジャムを購入しました。

 そして、一路長野市へ。善光寺参拝後、参道の人気蕎麦店『丸清』の もりそばとヒレカツソースカツ丼。 大好きな福島県猪苗代町のラネージュのソースカツ丼に匹敵する美味しさでした。

 そして、お土産は、事前に酒井さんから伺っていた参道の「九九や旬粋」へ。「善光寺 九九福饅頭」や「八幡屋礒五郎 七味唐辛子」、「信州十割そば」を購入。

 特に「八幡屋礒五郎 七味唐辛子」は、七味唐辛子の常識を覆すほど風味豊かで大変美味しかったです。我家の蕎麦やうどんにはかかせない存在となりました。

【記者 鹿目 哲生】

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2023年秋季号 第3号

戊辰戦争では、当時の会津藩は鳥羽・伏見の戦いで「朝敵」とみなされ、その後も新政…

2023年春季号 第1号

令和5年4月、季刊誌となりました『ザ・戊辰研マガジン』第1号をお届けします。 …