バックナンバー(もっと見る)

2023年秋季号 第3号

戊辰戦争では、当時の会津藩は鳥羽・伏見の戦いで「朝敵」とみなされ、その後も新政…

2023年春季号 第1号

令和5年4月、季刊誌となりました『ザ・戊辰研マガジン』第1号をお届けします。 …

ザ・戊辰研マガジン

2024年冬季号№4

村上殿の日々徒然、牡丹餅

2023年12月27日 14:30 by minnycat
2023年12月27日 14:30 by minnycat

 これは、牡丹餅(ぼたもち)を入れる桶です。 ぼたもちを沢山たべる兄弟もいた。10個も食べる。ぼたもち作りに興味のある人おりますか。

 花をみて、造花をしています。これは「なでしこ」です。 結構楽しいです。私の作品です。米国の富豪、例えば、facebook のトップ、と出会い、米国にも私設美術案を作るのが夢ですが、機会はありません。米国の富豪と知り合いのかたおりませんか。

  村上市の私の同級生である本間和子の作品です。村上高校です。展示できるように作りました。これと似たものに刺繍があります。刺繍は、前橋に住んでいる菅原美津子がやっております。私の親戚の人で、生まれは、村上市岩沢の南隣の「下新保」です。米国では、こうした作品が注目されています。原爆の父と言われた、オッペンハイマー教授は、折り紙をやっておりました。 米国の「折り紙」は、彼が元祖です。この人はユダヤ系の人です。大阪眼科医の日下(くさか)医が、戦前、米国に渡り、息子がオッペンハイマーの弟子でしたが、息子は31歳で、1947年8月31日に溺死しました。米軍兵士でした。 こうした作品を、民家につくると「私設美術館」になるわけです。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2023年秋季号 第3号

戊辰戦争では、当時の会津藩は鳥羽・伏見の戦いで「朝敵」とみなされ、その後も新政…

2023年春季号 第1号

令和5年4月、季刊誌となりました『ザ・戊辰研マガジン』第1号をお届けします。 …