バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…

ザ・戊辰研マガジン

2022年03月号 vol.53

息をのむ美しさ~極寒会津の絶景

2022年02月21日 17:17 by tetsuo-kanome
2022年02月21日 17:17 by tetsuo-kanome

今年の会津は雪深く、会津若松市内も積雪50㎝。大雪の中、極寒の会津の絶景を紹介します。

【猪苗代湖の白鳥】

 

【猪苗代湖のしぶき氷と朝日で美しい赤磐梯山】

【息をのむほど美しい磐梯山】

【會津鶴ヶ城天守閣から望む磐梯山】

【真打ち登場~神々しい會津鶴ヶ城天守閣】

【會津鶴ヶ城の美しい夜景】

【会津藩の祖の保科正之公が祀られている土津神社】

【会津若松駅の白虎隊像と赤べこ】

【塔のへつり(下郷町)】

【大内宿(下郷町)】

 極寒の会津の絶景はいかがでしたでしょうか?雪の会津もいいものです。私の会津の親戚は、毎日毎日雪かきで大変だと言っておりました。また、菩提寺から聞いた話では、消雪道路の水は地下水を使用しておりますが、今シーズンの冬は、会津若松市内が大雪があまりにも続くため地下水が枯渇しており、水が出ないために雪かきでうんざしているそうです。大雪は生活するには大変かもしれませんね。

【番外編】

  会津若松駅所属の『ぽぽべぇちゃん』。幻の”ぽぽべぇちゃん”です。

 

【記者 鹿目 哲生】

 

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…