バックナンバー(もっと見る)

2023年春季号 第1号

令和5年4月、季刊誌となりました『ザ・戊辰研マガジン』第1号をお届けします。 …

2022年12月号 vol.62

「岡山城」 令和の大改修終え リニューアルオープン! 岡山のシンボル、岡山城が…

2022年11月号 vol.61

会津藩祖・保科正之公を祀り、会津藩主松平家の墓所としても知られる土津神社。十数…

ザ・戊辰研マガジン

2023年夏季号第2号

新選組結成160年記念式典 ひの新選組まつり

2023年07月05日 23:25 by hidamarikun
2023年07月05日 23:25 by hidamarikun

令和5年5月14日(日)東京日野市で開催された

【ひの新選組まつり2日目】午後の部高幡不動尊での講演会のお話です。

ロボホン新選組PRタイム…可愛いですよ。

全国新選組サミット会議は写真にて割愛します。

 

今回の催しはというと、刀剣見学会ですね。講師として、刀剣愛好家で、居合全日本選手権優勝者の山下正樹氏と刀剣YouTuberで、コレクターの佐藤ケイスケ氏。主に、【芹沢鴨佩刀御披露目】です。

刀剣について詳しくありませんが…書いていきます。

①三善長道(みよしながみち)

江戸時代の陸奥国会津藩の刀工で、「會津虎徹」や「會津正宗」と称される名工とされ作風や斬れ味の良さが評価されています。近藤勇が、會津藩主松平容保から拝領したものです。

②十一代兼定 若打

 

若打とは、刀工が有名になる前に作ったものですが、説明がありませんでした…(おいおい(^_^;))

③二代兼定 之定(のさだ)

関鍛冶の第一人者であり「末古刀最上作」に位置づけられ、江戸時代に千両兼定と称され、高額で取引されたといいます。

※二代兼定といえば、武田信虎、武田信玄、柴田勝家、明智光秀、藤堂高虎、細川幽斎、細川忠興、黒田長政などの戦国武将が所持したことでも有名です。

歴史ファンタジー「歳三の刀」のコラムに山下正樹氏は次のように之定を説明しています。

この之定は、1517年に作られた刀。板目がよく練れた地鉄に地沸つき、地景入り、鮮やかな目丁子の波紋が焼かれ、金線、砂流しかかり匂口明るく冴えた一振りです。茎の表には「具足神通力」裏には、「廣修智方便」の文字が彫り込まれている。真言宗観音経の一節である。観音様は、神通力を持っておられる方であり知恵による救済手段を広く収められた方という意味のようです。

また、この刀は、河井継之助が仕えた【常在戦場、質素倹約、質実剛健】の三つの家訓を持つ越後長岡藩の牧野家の所有品とのことです。

この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

【史跡を巡る小さな旅・六】江川英龍と江戸屋敷

2023年夏季号第2号

【史跡を巡る小さな旅・七】東京ミッドタウン

2023年夏季号第2号

外国による徳川幕府の終焉

2023年夏季号第2号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2023年春季号 第1号

令和5年4月、季刊誌となりました『ザ・戊辰研マガジン』第1号をお届けします。 …

2022年12月号 vol.62

「岡山城」 令和の大改修終え リニューアルオープン! 岡山のシンボル、岡山城が…

2022年11月号 vol.61

会津藩祖・保科正之公を祀り、会津藩主松平家の墓所としても知られる土津神社。十数…