バックナンバー(もっと見る)

2021年1月号 vol.39

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は戊辰研マガジンのご愛読を誠に...

2020年12月号 vol.38

今回の表紙は栃木県那須塩原市に建つ大山記念館。大山巌(旧薩摩藩士・元帥・公...

2020年11月号 vol.37

戊辰研マガジンは今回で37回の発刊になります。  表紙の描写はほとんどが風...

ザ・戊辰研マガジン

2020年08月号 vol.34

村上殿の日々徒然

2020年08月03日 17:33 by murakamidono

 故郷の文化ー歌謡曲 -

 戦後まで、故郷のお寺に「●●劇団」がきて、演劇や歌謡曲を歌った。生家がお寺の近くだったので、私はよく見た。また、たくさんの歌を覚えた。

 5歳くらいのとき、「男の純情」を覚えた。この歌に「所詮 おとこの行く みちーは・・・」がある。ところが、「所詮」という意味が分からず、「朝鮮」と覚えた。

 昭和28年に「落ち葉時雨」が出てきた。あるおじさんが、小学生の私に歌い方を教えてくれた。今でも時々歌う。

 霧島昇と遠藤実は、私の故郷と関係があるが、詳細は書かない。遠藤実の「高校3年生」は「ガード下の靴磨き」を参考にしてできたようであるが、 「ガード下は・・」は宮城まりこの歌で、悲しくなる。 「岸壁の母」も悲しくなる。二葉百合子の前に、ある女性(名前忘れました)が歌った歌であるが、その人が上手のように思う。悲しい歌である。

 盲目の「ごぜさん」がお寺で、会津の「剣舞」を詩吟と合わせて踊ったが、素晴らしく、思い出を絵に描いた。その後、藤圭子が出てきたが、「ごぜさん」を思いだし、何となく影を感じた。

 米国では台湾友人が、蘇州夜曲を歌っていた。

 最近は、小桜舞子が「恋する城下町」で角館を歌っていたが、もう41歳になった。茅ケ崎のご出身である。

 「木綿のハンカチーフ」は春日部出身の「太田裕美」が歌っていたが、あれはアメリカの思想である。 カリフォルニアの、おばあさんと息子の物語で、糸車を回す老婆が、息子に「東(多分、東海岸の大学)へ行っても、私を忘れないでね」というのだが、日本では「恋人関係」になっている。太田裕美の歌う「東へ・・・」は野田線で柏へ行ってしまう。「糸車」と「木綿のハンカチーフ」がリンクする。  私は糸車を作り、数台ある。糸を結うて、木綿のハンカチーフを織りたいが、まだできていない。  歌手に「影」を感じることもある。「うまくやってください」が私の気持ち。ということで、私は短歌を作った。

  振袖の ふりつけ よかれ 歌姫よ

   とわに かくあれ 願うがごとくに

関連記事

【幕末維新折々の記・十三】鉄道開業と新橋停車場

2021年1月号 vol.39

『戊辰白河口戦争記』を読む(6)地形図で確かめながら

2021年1月号 vol.39

青天を衝け

2021年1月号 vol.39

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年1月号 vol.39

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は戊辰研マガジンのご愛読を誠に...

2020年12月号 vol.38

今回の表紙は栃木県那須塩原市に建つ大山記念館。大山巌(旧薩摩藩士・元帥・公...

2020年11月号 vol.37

戊辰研マガジンは今回で37回の発刊になります。  表紙の描写はほとんどが風...