バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.36

数年前、会津鶴ヶ城に行った時、天守閣の近くでお侍さんにバッタリ遭遇。快く撮...

2020年09月号 vol.35

台風シーズンの到来です。 海を航海する船にとって怖いのは暴風と座礁ではない...

2020年07月号 vol.33

笹竹は古くから厄よけの力を持つ聖なる植物とされていました。江戸時代に願いご...

ザ・戊辰研マガジン

2020年08月号 vol.34

村上殿の日々徒然

2020年08月03日 17:33 by murakamidono

 故郷の文化ー歌謡曲 -

 戦後まで、故郷のお寺に「●●劇団」がきて、演劇や歌謡曲を歌った。生家がお寺の近くだったので、私はよく見た。また、たくさんの歌を覚えた。

 5歳くらいのとき、「男の純情」を覚えた。この歌に「所詮 おとこの行く みちーは・・・」がある。ところが、「所詮」という意味が分からず、「朝鮮」と覚えた。

 昭和28年に「落ち葉時雨」が出てきた。あるおじさんが、小学生の私に歌い方を教えてくれた。今でも時々歌う。

 霧島昇と遠藤実は、私の故郷と関係があるが、詳細は書かない。遠藤実の「高校3年生」は「ガード下の靴磨き」を参考にしてできたようであるが、 「ガード下は・・」は宮城まりこの歌で、悲しくなる。 「岸壁の母」も悲しくなる。二葉百合子の前に、ある女性(名前忘れました)が歌った歌であるが、その人が上手のように思う。悲しい歌である。

 盲目の「ごぜさん」がお寺で、会津の「剣舞」を詩吟と合わせて踊ったが、素晴らしく、思い出を絵に描いた。その後、藤圭子が出てきたが、「ごぜさん」を思いだし、何となく影を感じた。

 米国では台湾友人が、蘇州夜曲を歌っていた。

 最近は、小桜舞子が「恋する城下町」で角館を歌っていたが、もう41歳になった。茅ケ崎のご出身である。

 「木綿のハンカチーフ」は春日部出身の「太田裕美」が歌っていたが、あれはアメリカの思想である。 カリフォルニアの、おばあさんと息子の物語で、糸車を回す老婆が、息子に「東(多分、東海岸の大学)へ行っても、私を忘れないでね」というのだが、日本では「恋人関係」になっている。太田裕美の歌う「東へ・・・」は野田線で柏へ行ってしまう。「糸車」と「木綿のハンカチーフ」がリンクする。  私は糸車を作り、数台ある。糸を結うて、木綿のハンカチーフを織りたいが、まだできていない。  歌手に「影」を感じることもある。「うまくやってください」が私の気持ち。ということで、私は短歌を作った。

  振袖の ふりつけ よかれ 歌姫よ

   とわに かくあれ 願うがごとくに

関連記事

【幕末維新折々の記・十】北原雅長と鈴木丹下

2020年10月号 vol.36

幕末・維新の旅 「横浜港」

2020年10月号 vol.36

鬼の官兵衛を偲ぶ

2020年10月号 vol.36

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.36

数年前、会津鶴ヶ城に行った時、天守閣の近くでお侍さんにバッタリ遭遇。快く撮...

2020年09月号 vol.35

台風シーズンの到来です。 海を航海する船にとって怖いのは暴風と座礁ではない...

2020年07月号 vol.33

笹竹は古くから厄よけの力を持つ聖なる植物とされていました。江戸時代に願いご...