バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

ザ・戊辰研マガジン

2020年08月号 vol.34

関東幕末史跡めぐり 水戸市編その2

2020年08月03日 17:31 by katsukaisyu

テーマ:幕末・維新の旅

       弘道館

 玄関に掲げられている「弘道館」の扁額の文字は斉昭が書いた文字です。

  玄関奥にど~んと掲げられているのは、斉昭の命で藩医の松延年(まつのべねん)に書かせたものです。素晴らしい!この「尊攘」の書を見るために、今回水戸に来ました。

 斉昭と幼き日の慶喜の像です。

  江戸城開城の後、水戸で謹慎していた慶喜がしばらく暮らしたのが、至善堂(しぜんどう)と呼ばれる部屋で、現存しています。ここで慶喜は何を思っていたのでしょう。後年、慶喜がインタビューを受けていた折に、もし戻れるなら、どの時代に戻りたいかと聞かれて、慶喜は鳥羽伏見の戦いの前に戻りたいと答えたとか。磯田先生によると、慶応4年正月3日ごろ、慶喜はインフルエンザに罹っていて、ふらふらだったそうで、判断を見誤ったのかもしれません。インフルエンザは日本の歴史を変えたようです。

   慶喜所要の長持ちです。さすがは徳川家、葵の紋がど~んと掲げられています。他にも慶喜や水戸藩関連の史料室もあり、見ごたえのある史跡です。

関連記事

【幕末維新折々の記・二十二】旧米沢高等工業学校本館

2021年10月号 vol.48

2021年戊辰戦争殉難者慰霊祭開催

2021年10月号 vol.48

会津おやじのブログ、その4

2021年10月号 vol.48

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...