バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

2019年09月号 vol.23

2019年の夏もジリジリと太陽が照りつける暑い時が続いています。 かつての...

ザ・戊辰研マガジン

2019年04月号 vol.18

「倉敷春宵あかり」

2019年03月29日 20:04 by minnycat

「倉敷春宵あかり」は、毎年、3月に開催されているイベントです。倉敷川沿い や街角に和傘や切子あかりなどを設置してライトアップ。散策しながら美観地区 を楽しめ、日中とはまた違った雰囲気が味わえます。全国各地から大勢の観光客がおいでです。美人のお嬢さまとお話もできました。夕暮れまで美観地区散策をしてみましょう。

夕暮れとともに 白壁がオレンジ色に 照らされ、ライトアップされた美しい美観地区を堪能できます。 日中に倉敷美観地区を観光される人は多いと思いますが、夜間イベントと併せて、 ライトアップされた美観地区も見逃せませんね。

和傘を使った光のアート作品「和傘あかり」は、大原美術館から倉敷川を挟んだ 向かいの有隣荘に沿うよう展示されています。 陽が暮れる前から和傘は並べられています。 陽が暮れ始めると倉敷川沿いにロウソクが灯されます。

プラスチックキュー ブに願い事を書いて、倉敷川に投げ入れるというイベントもあります。網が張ら れていますので、後、回収されます。

 

 

今年も楽しい見物ができました。また、来年も楽しみたいと思います!

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十一】箱館(一)

2019年11月号 vol.25

村上殿の日々徒然

2019年11月号 vol.25

令和元年台風19号の爪痕

2019年11月号 vol.25

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

2019年09月号 vol.23

2019年の夏もジリジリと太陽が照りつける暑い時が続いています。 かつての...