バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあります…

ザ・戊辰研マガジン

2022年08月号 vol.58

miki の幕末・明治史跡めぐり帳 「新幹線から史跡めぐり!?」

2022年07月20日 17:30 by minnycat
2022年07月20日 17:30 by minnycat

 今回は、 最近 感動した本を ご紹介したいと思います。 感動は感動でも、 「 えぇー! 」 という新しい事実に出会った その感動です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本の題名は、その名も 『 東海道新幹線歴史散歩 』 中公新書から出ていて 著者は、一坂 太郎 さんです。

<幕末・明治> miki の 史跡巡り帳 題名から察して頂ける通り、 内容は 東海道新幹線、東京~新大阪間の 新幹線の車窓から見える史跡の紹介です。

 たとえば、 『 静岡駅上りホームから、 駅前広場越しにわずかに見える森 』は、 徳川慶喜屋敷跡だそうですよ。 他にも、 山内一豊の掛川城、 長州藩上屋敷跡 などなど。 どのポイントで見れるのか細かく書かれているので、 どなたでもチャレンジできると思います。 そして、全ページカラーで史跡の写真が載っているので、 写真と同じものを見つければ発見できるハズです。 ただし、全ページカラーということで お値段は1000(+税)円と新書にしてみれば高いですが 買う価値はあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まさか、 新幹線に乗りながら史跡巡りができると 思っていなかったのでこの本を見つけた時は感動でした。 お城は分っても、 屋敷跡とか気づきもしませんでしたよ。 私は、 年に最低3回 京都に行くことを目標としているのですが、 毎回 新幹線乗車時間はお休みタイムです。 しかし、この本を手に入れたからには 寝てなんかいられません。 ぜひぜひ、みなさんも手に取られてみて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして、 この著書の一坂太郎さんは私の史跡巡りには 欠かせない本をたくさん書いていらっしゃいます。 <幕末・明治> 

miki の 史跡巡り帳 左から、

・ 一坂 太郎 著 『 幕末歴史散歩 東京篇 』  中公新書

・ 一坂 太郎 著 『 幕末歴史散歩 京阪神篇 』  中公新書

・ 一坂 太郎 著 『 坂本龍馬を歩く 』     山と渓谷社

・ 一坂 太郎 著 『 高杉晋作を歩く 』     山と渓谷社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< 参孝文献 > ・ 一坂 太郎 著 『 東海道新幹線歴史散歩 』中公新書

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあります…