バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...

ザ・戊辰研マガジン

2022年06月号 vol.56

江戸時代にタイムスリップ~会津商家めぐり

2022年05月21日 08:36 by tetsuo-kanome

 会津若松市は、会津藩に代表される武家の文化と、蒲生氏郷公にはじまる商家の文化とふたつの顔があります。その商家の文化を多くの人に知って頂こうと「若松商家めぐりの会」があります。歩いて回れる範囲にお酒、漆器、手工芸、伝統建築と見どころが集まっております。会津若松市の街歩きをぜひ楽んでくなんしょ。

 会津若松市の商家八か所の中で一番古いお店が、旧竹問屋の「竹藤たけとう茶屋」です。まるで江戸時代にタイムスリップしたような商家です。

 会津には、こんな楽しみ方もあるんですね。私は、会津最古の「竹藤たけとう茶屋」にはいったことがありませんでした。次回、会津訪問時には、「商家めぐり」をしてみたいと思います。

 

 会津若松市の「福島県立博物館」の今年のスケジュール表を手に入れました。その中で、私は「会津藩の歴史編纂と山川兄弟(9/1~10/30)」と「保科正之の遺言(11/1~12/27)」に、目がとまりました。この二つの企画展は大変興味があります。行きたいと思っております。

【記者 鹿目 哲生】

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...