バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…

ザ・戊辰研マガジン

2022年02月号 vol.52 追悼特別版

星亮一先生追悼 酒井 剛(永倉新八)

2022年02月06日 23:33 by hidamarikun
2022年02月06日 23:33 by hidamarikun

こんばんわお休みがちな永倉新八です。

 

星亮一先生にお会いして、いわき、白河、会津、柳津と参加させていただきました。

先生との最後の会話は、いわきを出る一年前。同僚の送別品を探しに、郡山市のとある紅茶屋で偶然お会いしました。

日々の世間話やこれからのことを沢山話していましたが、あれが最後だったのは残念な気がします。

この方と出会えて歴史の見方、会津史の見方がかわりました。

また、只見に住む叔父叔母も何年か前にお会いしていて講座みたいなこともやっていたとか薄っすらと聞いていました。

まだ沢山のことを知るためにも先生の本を読みつつ巡行していこうと思います。

 

短くてすいませんが、雪溶けたら会津のお秀茶屋に行きお餅食べてこようかと思います。ニコニコしながら焼串渡してきた先生を思い出しながら…

会津の義(会津のシンポジウム)で先生より私が目立っていたのは謎ですが。

いい体験をありがとうございました。

これからも研究会を見守っていてください

 

 

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…