バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。   江戸時代...

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

ザ・戊辰研マガジン

2022年02月号 vol.52 追悼特別版

花ホテル講演会で!! 齋藤 憲子

2022年02月06日 10:40 by minnycat

星亮一先生へ

 星先生との出会いは、柳津町の花ホテルで講演会です。

 歴史に興味を持つようになってから浅かった私ですが、郡山市在住の星先生にお会いしたくて参加しました。

 一回目は、講演会後の交流会で、先生のお隣でお話しましたが、お忘れでしょうね。私も福島民報社の 「ふるさと記者」なんですよ。って しばしお話させて頂きました。

 二回目は、戊辰戦争研究会の方々が会津若松市にたくさんいらした時で、星亮一先生の著者のぱるす出版「会津藩燃ゆ」を購入しました。先生からサインを頂き大いに感激したものでした。この時にいらしていた伊藤さんに誘われ戊辰戦争研究会のお仲間入りさせていただきました。翌日の先生が進行されたシンポジウムには 最前列で参加させて頂きました。

  私は、ここまでで、あと先生ご本人に二度とお目にかかれないと思うと悲しい限りです。 先生は福島県の郡山市在住であり、お名前は存じておりました。 いつしかお会いしたいという思いが、直接お話でき戊辰研の仲間入りまででき、その事も含め また、もう一度お会いしてお話したかったです。

 先生は残念ながら 寿命つきてしまいましたが、多くの書籍を残されました。 まだまだやり残しはあったでしょうが、先生を偲びながら先生の書籍を読み続けていきたいと思います。

 星亮一先生へ 慎んでご冥福をお祈りいたします。  

福島県会津坂下町  齋藤 憲子

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。   江戸時代...

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...