バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…

ザ・戊辰研マガジン

2022年02月号 vol.52 追悼特別版

それは、鳥羽伏見で始まった!   高橋美智子 (HN 神保修理)

2022年02月07日 04:37 by minnycat
2022年02月07日 04:37 by minnycat

  2007年、早春、関西の幕末好き友達から鳥羽伏見の史跡めぐりをしないかとお誘 いがあり、喜んで参加しました。それが私の戊辰戦争研究会への第一歩で、星先生と初めてお会いしたのです。

「星先生、一枚、写させてください」と懇願して、「うむっ」とのお返事、急いでシャッターを切ったのが、この記念すべき一枚。

  それから戊辰研に入会し、北は下北半島から南は鹿児島、長崎、佐賀、福岡、対馬、山口、高知、京都、長野、横浜、会津、、、と巡らせて頂きました。楽しい集会でした。その度に、星先生のポートレートを写しまくり、星先生のご著書の著者近影としてたくさん私の画像を使って頂きました。

  本当に楽しい戊辰研・星先生との集いでした。

  話は戻ります。150年前、鳥羽伏見の戦いは、淀まで敗走してきた幕府軍が、追ってくる新政府軍を迎え撃つ戦いです。

  下の画像は、妙教寺、砲弾が本堂に飛び込んできたそうですが、幸い不発弾だったのでお寺は難を逃れました。 

  その砲弾を持つ、星先生の感激ぶりが分かりますね!

 そして、書き上げられた感動の一冊。

  史跡巡りを、みちこさん書いてもらえないかと、、大感激でした!!

  で、星先生、次はどちらの講演会へ、、戊辰研は付いて参りますよ!! (^^)/

 

 

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…