バックナンバー(もっと見る)

2021年12月号 vol.50

開国以来、薩摩藩と長州藩の攘夷運動が活発化しました。しかし、薩英戦争や下関...

2021年11月号 vol.49

土方歳三を描いた「燃えよ剣」が映画として登場しました。  剣の達人であった...

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

ザ・戊辰研マガジン

2022年1月号 vol.51

しぶき氷

2022年01月05日 10:52 by norippe

しぶき氷を漢字で書くと「飛沫氷」
飛沫と聞くとここ2年、世の中を凍り付かせているコロナウイルス。
あまりいいイメージではないので、しぶきはやはりひらがなの「しぶき」がいいですね。



しぶき氷は、冬でも凍らないいわゆる「不凍湖」に出来る氷で、その姿は神秘的で氷の芸術と言われています。
しぶき氷が見られる湖は「猪苗代湖」「琵琶湖」「中禅寺湖」「十和田湖」「洞爺湖」「屈斜路湖」「支笏湖」「阿寒湖」などで、なかでも特に有名なのは猪苗代湖のしぶき氷。
厳冬期に、猪苗代湖天神浜から南側の林を抜け、長瀬川の河口付近に向かうと自然が作る氷の芸術「しぶき氷」が見られます。これは湖水が強い西風にあおられて、岸辺の樹木に氷着したもので国内ではきわめて珍しい現象だといわれています。「樹氷」に勝るとも劣らない美しさです。
また、湖面や渚では流氷や「御神渡り」に似た氷の隆起などのさまざまな氷の変化を見ることができます。



この冬は、数日の寒波で、例年より1か月ほど早くこの冬の風物詩「しぶき氷」が姿を見せました。
苛酷な自然の中で毎日その姿を変えながら成長する猪苗代湖の「しぶき氷」は、来年の2月中旬まで楽しめるということです。
野口英世も見たでしょうこの「しぶき氷」、年末年始に猪苗代に来る機会があったなら、是非見ていただき、帰りには野口英世の記念館に立ち寄っていただければと思います。


読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年12月号 vol.50

開国以来、薩摩藩と長州藩の攘夷運動が活発化しました。しかし、薩英戦争や下関...

2021年11月号 vol.49

土方歳三を描いた「燃えよ剣」が映画として登場しました。  剣の達人であった...

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...