バックナンバー(もっと見る)

2021年12月号 vol.50

開国以来、薩摩藩と長州藩の攘夷運動が活発化しました。しかし、薩英戦争や下関...

2021年11月号 vol.49

土方歳三を描いた「燃えよ剣」が映画として登場しました。  剣の達人であった...

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

ザ・戊辰研マガジン

2022年1月号 vol.51

村上殿の日々徒然

2021年12月22日 22:20 by minnycat

帰省から帰りました -

 村上へ帰省し、帰りには富山の八尾に行ってきました。この時期には人はほとんどいませんでした。和紙を買って帰りました。八尾の名物は風の盆で、時期が来るとたくさんの人が集まります。この起源は養蚕です。これは非常に素晴らしい文化です。 文化を作らな地方は亡びると思います。

鳥居三十郎幽閉の間

  私の生家の隣集落が「中原」集落。 ここのお寺は本門寺(?)といい、確か法華宗。 鳥居三十郎幽閉の間は、もともと村上城下町のお寺にあったのですが、どういうわけか、中原のお寺にある。 中原のお寺へ行ったら、張り紙が張ってある。 村人にいろいろ聞いたが、話はこうである。

 和尚さんは、妻として、韓国の方と結婚したらしい。そのご、和尚さんが亡くなったらしい。妻は、人柄のよい人らしいが、韓国へ帰ったらしい。

米国知識人のアドバイス

 米国人ですが、1年前に日本に来て、日本人に「文化」を提唱しているRich Young 氏がLINKEDINに投稿したものです。米国の知識人です。 「戊辰戦争研究会のご活動などを展示した美術館を、米国と日本に構築されたら良い」と提唱しましたが、どうなることやら。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本人よ。外国人である私の不自然な日本語を我慢して最後まで読んで下さい。 目を覚ませよ。日本人は準絶滅危惧種である。日本文化は準絶滅危惧文化である。日本文化を見捨てないで下さい。 海外のあの国この国と比べ、あの点この点について日本は遅れていると喚くリンクトインでの日本人の投稿が結構ある。 外国人だから言える。今の日本を当たり前だと思わないで下さい。母国に対する謙遜感を持つのは理解できます。それこそが日本人の心だから。

  でも遠慮して日本の良いところをPRせずに日本のダメ出しばかりすればどうなるでしょう?去年、アメリカ合衆国から日本に移住したばかりの私が伝える。 日本にしかない素晴らしい文化を当たり前にし、海外の真似ばかりすれば、日本のいいところが無くなった時初めて「何々がない」と嘆くことになる。そうなってからでは遅いよね。 日本政府のコロナ禍対策に不満を抱き文句を言う日本人もいる。民主主義の中で根本的に発言権が人権として守られている国なのでそれは結構である。

  政府の対策を批判してもいいが最終的に日本政府は日本国民の素晴らしい自粛力にカード期待して適切な対応策を実地した。振り返って断言できるが、特に他国と比較しても非常に上手く行われたと思う。 この時代の日本で生まれ育っただけでどんなに恵まれているか分かりません。皆様は既に宝くじに当たったようなものです。今の米国のように秩序がなくなり、暴動が当たり前の国にしたいのか?又は中国のように反政府的な発言をする者が蒸発する国になりたいのか。

  日本をバラ色の眼鏡で甘く見ている訳じゃない。冷静に日本を観察して欠点も十分に承知している上でこの結論にたどり着いた。日本はもろくて奇跡的にバランスの取れている貴重な民主主義国である。日本には真似すべき国など存在しないです。

日本人に欠落している思想

  戊辰戦争以後の日本国体思想を、政治家も産業界人も知らないのが、日本の風潮です。「特に米国の産業の真似ばかりして、自分のためのお金を稼ぐ」という風潮が日本に、はびこっている。こうした考えで、日本人を「準絶滅危惧種」とみなすのは当然と思います。政治家は票に夢中になり、産業界人は「お金儲け」に集中しているようでは、国が亡びるのです。

 Young さんへの意見

------------------ Youngさん 私は以前から、「日本は危ない方向に走っている」と思い、昔の文化を約20冊にまとめました。また、日本から消えた文化を日本画として描き、現在500枚くらいですが、2000枚を目標にしています。 また、ノーベル賞級の文化を調べてまいりました。 それらは

1.大きさ1mx2mの絹のシートを作っている70代の「おばさんグループ」です。これは、日本独自の文化です。このシートは「花つくり」に利用されます。

2. 400年前から、「村にあった出来事」を書いた人がいますが、著者は亡くなりました。本は私が持っています。

3.日本の最後の侍の出来事と思想を調べている「会」があります。このグループの活動はすごいです。国内最大です。これはノーベル文学賞に値します。

しかし、以上の3つは、すべて、日本語で書かれており、英語で、外国に発信していません。これらを、詳細に外国に英語で発信する体制を作られることを希望します。

ーーーーーーーーーー 上記の3が戊辰戦争研究会です。        (代筆 minnycat)

関連記事

戊辰戦争研究会主宰 星亮一氏 急逝のお知らせ

2022年1月号 vol.51

追悼 星亮一先生

2022年1月号 vol.51

【幕末維新折々の記・二十五】日本銀行本店本館

2022年1月号 vol.51

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年12月号 vol.50

開国以来、薩摩藩と長州藩の攘夷運動が活発化しました。しかし、薩英戦争や下関...

2021年11月号 vol.49

土方歳三を描いた「燃えよ剣」が映画として登場しました。  剣の達人であった...

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...