バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…

ザ・戊辰研マガジン

2022年1月号 vol.51

おやじのブログ、その7 〈松平容保九代会津藩主となる〉

2021年12月22日 22:12 by minnycat
2021年12月22日 22:12 by minnycat

〈松平容保九代会津藩主となる〉

 「会津松平家譜」に『弘化三年(1846)6月11日、容敬の養子となって、江戸の上藩邸(和田倉門内)に入った。12歳であった。後に正室になる容敬の娘・敏姫は4歳、飯 野藩主保科正丕(まさもと)の三女・照姫15歳(容敬の養女)であった』とある。

 容保は嘉永三年(1850)2月、16歳で元服し、翌年6月初めて会津の地を踏んだ。しかし、翌年正月早々、容敬が病臥の報せを受け、急ぎ江戸に戻ったが、2月10日、容敬は不帰の人となった。これによって容保は同閏2月25日、九代藩主に就いた。

 安政三年(1856)9月に敏姫と結婚するが、5年後の文久元年(1861)10月、敏姫は江戸の上屋敷で病死する。19歳であった。容保は天保6年(1835)12月29日、高須藩主・松平義建(よしたつ)の7男として江戸四谷の藩邸で生まれた。母は古森義孝の娘・千代。

 松平容保 容保を6男としているのは、容保の兄(6男)が命名する前に死亡しているので、これを数えないからである。容保には10人の兄弟と9人の姉妹があったが、4男8女は夭死していう。

 父の義建は文武に秀でた才能(幹)があり、多芸多能なんで、和歌、絵画、茶道、謡曲から陶芸などまで堪能であった。 -◇- 容保は前藩主の「海防」について継いでいくこととなる。 房総(富津)、品川沿岸警備 会津若松市史7 会津の幕末維新から (代筆 minnycat)

関連記事

【幕末維新折々の記・三十二】京都・将軍塚の大舞台

2022年08月号 vol.58

土方歳三の愛刀「和泉守兼定」福島県内初公開(「新選組展2022」7/23開幕)

2022年08月号 vol.58

江戸幕府老中 板倉勝静の書状発見 高梁・山田方谷記念館で公開

2022年08月号 vol.58

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…