バックナンバー(もっと見る)

2022年1月号 vol.51

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は戊辰研マガジンのご愛読を誠に...

2021年11月号 vol.49

土方歳三を描いた「燃えよ剣」が映画として登場しました。  剣の達人であった...

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

ザ・戊辰研マガジン

2021年12月号 vol.50

今月の読書中

2021年11月27日 16:21 by minnycat

● 『酔鯨 山内容堂の軌跡 土佐から見た幕末史』 講談社現代新書 家近良樹(著) 不人気の原因、土佐勤王党の武市らの活動の邪魔そして処刑、、土佐藩も薩摩・長州と肩 を並べる存在になりえたのにという不満に起因する。

●『心の免疫力』 PHP新書、経験から積極的な意味を見出すこと。信念を持っ ていること。自分に嘘をつかない人の強さ。人生とは、自分自身を征服する歴史 である。問題は結果ではない。どう対処したかということである。小さなことを きちんとやる。

●『運と不運には理由があります』 ワニブックス新書、心を込めてあいさつす る、小さな感謝に「ありがとう」を忘れずに、去り際は美しく、あなたがさっき までいた場所はあなたの人間性が残されている。待ち合わせの時間には何があっ ても遅れない。相手の話には、否定ではなく「共感」から入る。過去は忘れるべ きは忘れ、活かすべきは活かして「今」と「未来」を生きる。

●『5000日後の世界 すべてがAIと接続された「ミラーワールド」が訪れる』  PHP新書 ケヴィン・ケリー(著) 、これから50年間は「AIの時代」が続く。 退屈な仕事はAIに任せ、クリエイティブな仕事で生きられる時代に。農場はAIと ロボットが活躍する場になる。自動運転の車が大勢を占めるまで25年はかかる。

●『新型コロナと即効! 漢方』 青春出版社、漢方薬は即効性がある。そして、 ワクチンに勝るとも劣らない予防効果がある。科学製剤のような激烈な副作用は ない。漢方薬はもともとパンデミック対策から生まれた。西洋薬は融通の利かな いロボット自分で治すのを助けるのが漢方。ウイルスなど体内に入り込むと必ず 「炎症」が起こる。漢方は、この炎症を抑える働きがある。ステロイドはよく効 くが長期投与は免疫力が下がる。

 

関連記事

戊辰戦争研究会主宰 星亮一氏 急逝のお知らせ

2022年1月号 vol.51

追悼 星亮一先生

2022年1月号 vol.51

【幕末維新折々の記・二十五】日本銀行本店本館

2022年1月号 vol.51

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年1月号 vol.51

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は戊辰研マガジンのご愛読を誠に...

2021年11月号 vol.49

土方歳三を描いた「燃えよ剣」が映画として登場しました。  剣の達人であった...

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...