バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

ザ・戊辰研マガジン

2021年11月号 vol.49

みちこの幕末つれづれ

2021年11月01日 15:27 by minnycat

 「西郷、桂、龍ら同席」の朱文字 龍馬直筆「薩長同盟裏書」を展示 高知市で県内初、

「西郷、桂、龍ら同席」の朱文字 幕末の京都で締結された薩長同盟を証明するため、坂本龍馬が裏書きした「薩長同盟裏書」の原本の展示が9日、高知市浦戸の高知県立坂本龍馬記念館で始まった。倒幕運動の契機となった歴史的事件を記録した宮内庁所蔵の一級史料で、県内では初展示となる。

 同盟は1866年1月、倒幕に動いていた長州藩の桂小五郎(木戸孝允)と薩摩藩の西郷隆盛らが、戦時の派兵など両藩の軍事的協力について取り決めたとされる6カ条の盟約。龍馬や中岡慎太郎ら土佐出身の志士が、対立的立場にあった両藩を仲介して実現した。

 桂は盟約の内容を手紙に記し、証明のため会談に同席した龍馬に裏書きを求めた。龍馬は盟約について、朱文字で「西郷、桂、龍らが同席して意見を述べ合ったもので間違いはない」「今後も変わらないことは神様も御存じの所です」という内容を記している。  同館では、「裏書」のレプリカを常設展示しているが、開館30周年を記念して、この原本を含む薩長同盟前後の龍馬直筆の10通を宮内庁から借用。

 11月21日まで常設展示室で特別展示する。 11/13にシンポ  県立坂本龍馬記念館の開館30周年を記念したシンポジウム「龍馬の魅力」が11月13日午後6時から、高知市本町4丁目の「ザ クラウンパレス新阪急高知」で開かれる。

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」のプロデューサー、土屋勝裕さんが基調講演。土屋さんと元阪神タイガース投手で龍馬伝ファンの藤川球児さん、同館の三浦夏樹学芸員が、龍馬の魅力をテーマにパネルディスカッションする。

 入場無料だが事前申し込みが必要(10月11日開始、定員200人、先着順)。申し込み、問い合わせは同館(088・841・0001)へ。(楠瀬慶太)

関連記事

【幕末維新折々の記・二十三】東京都立中央図書館

2021年11月号 vol.49

会津一美しい土津神社の紅葉

2021年11月号 vol.49

伝説の新選組「だんだら羽織」を大丸京都店が復元

2021年11月号 vol.49

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.48

満月に照らされた白河小峰城を描いてみました。  小峰城は、阿武隈川と谷津田...

2021年09月号 vol.47

明治元年9月22日午前10時、鶴ヶ城に「降参」と書かれた白旗があがり、1カ...

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...