バックナンバー(もっと見る)

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

ザ・戊辰研マガジン

2021年09月号 vol.47

温暖化は人間が原因(IPCC報告)~「人類への赤信号」と国連事務総長

2021年08月21日 19:19 by tetsuo-kanome

 2021年8月9日、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、人間が地球の気候を温暖化させてきたことに「疑う余地がない」とする報告を公表しました。 IPCCは、地球温暖化の科学的根拠をまとめた作業部会の最新報告書(第6次評価報告書)を公表。「人間の影響が大気、海洋及び陸域を温暖化させてきたことには疑う余地がない。大気、海洋、雪氷圏及び生物圏において、広範囲かつ急速な変化が現れている」と強い調子で、従来より踏み込んで断定しました。さらに、「気候システム全般にわたる最近の変化の規模と、気候システムの側面の現在の状態は、何世紀も何千年もの間、前例のなかったものである」と指摘しました。「政策決定者への要約」と題された42ページの報告書でIPCCは、国際社会がこれまで設定してきた気温上昇抑制の目標が2040年までに、早ければ2030年代半ばまでに、突破されてしまうと指摘。海面水位が今世紀末までに2メートル上昇する可能性も「排除できない」としました。「向こう数十年の間に二酸化炭素及びその他の温室効果ガスの排出が大幅に減少しない限り、21世紀中に、地球温暖化は摂氏1.5度及び2度を超える」とも警告しました。

【第6次評価報告書(IPCC:2021年8月9日公表)】

 国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、「本日のIPCC第1作業部会報告書は、人類への赤信号」だと発言。「私たちが今、力を結集すれば、気候変動による破局を回避できる。しかし今日の報告がはっきり示したように、対応を遅らせる余裕も、言い訳をしている余裕もない。各国政府のリーダーとすべての当事者(ステークホールダー)が、COP26の成功を確実にしてくれるものと頼りにしている」と述べました。

【国連のグテーレス事務総長】

 国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)は今年11月、英スコットランドのグラスゴーで開催される。今回のIPCC報告を含め、近年の気候変動の状況を検討した複数の報告書が、COP26に向けてこれから次々と公表される予定となっている。 この報告書は今までになく、温暖化のもたらす壊滅的な打撃を明確に断定している。しかし科学者の間には、2030年までに温室効果ガス排出量を半減できれば、事態は改善できるという期待も出ている。報告の執筆者たちも、悲観して諦めてはならないとしている。地球の2011~2020年の地表温度は、1850~1900年に比べて摂氏1.09度、高かった。過去5年間の気温は1850年以降、最も高かった。近年の海面水位の上昇率は1901~1971年に比べて3倍近く増えた 1990年代以降に世界各地で起きた氷河の後退および北極海の海氷減少は、90%の確率で人間の影響が原因 熱波など暑さの異常気象が1950年代から頻度と激しさを増しているのは「ほぼ確実」。一方で寒波など寒さの異常気象は頻度も厳しさも減っている。将来への影響について 温室効果ガス排出量がどう変化するかによる複数のシナリオを検討した結果、どのシナリオでも、地球の気温は2040年までに、1850~1900年水準から1.5度上昇する 全てのシナリオで北極海は2050年までに少なくとも1回は、ほとんどまったく海氷がない状態になる 1850~1900年水準からの気温上昇を1.5度に抑えたとしても、「過去の記録上、前例のない」猛威をふるう異常気象現象が頻度を増して発生する 2100年までに、これまで100年に1回起きる程度だった極端な海面水位の変化が、検潮器が設置されている位置の半数以上で、少なくとも1年に1度は起きるようになる 多くの地域で森林火災が増える。英レディング大学のエド・ホーキンス教授は、「これは厳然とした事実の表明だ。これ以上はないというくらい確かなことだ。人間がこの惑星を温暖化させている。これは明確で、議論の余地がない」と述べた。 国連の専門機関、世界気象機関(WMO)のペテリ・ターラス事務局長は、「スポーツ用語を使うなら、地球の大気はドーピングされてしまったと言える。その結果、極端な気象現象が前より頻繁に観測され始めている」と指摘した。 報告書の執筆者たちによると、1970年以降の地表温度の上昇は、過去2000年間における50年期間で最も急速なペースだった。こうした温暖化は「すでに地球上のあらゆる地域で、様々な気象や気候の極端な現象に影響している」という。 世界平均気温の変化 今年7月以降、北米西部やギリシャなどは極端な熱波に襲われている。あるいはドイツや中国は深刻な水害に見舞われた。過去10年の相次ぐ異常気象が「人間の影響によるものだという結びつきは、強化された」と報告書は指摘している。IPCCはさらに、「過去及び将来の温室効果ガスの排出に起因する多くの変化、特に海洋、氷床及び世界海面水位における変化は、100年から1000年の時間スケールで不可逆的である」と明確に断定している。 海水温度の上昇と酸化は続き、山岳部や極点の氷は今後、数十年もしくは数百年にわたり解け続けるという。「ありとあらゆる温暖化の現象について、その影響は悪化し続ける。そして多くの場合、悪影響は引き返しようのないものだ」とホーキンス教授は言う。 sea level 海面水位の上昇については、さまざまなシナリオによるシミュレーションが行われた。それによると、今世紀末までに2メートル上昇する可能性も、2150年までに5メートル上昇する可能性も排除できないとされた。実現の可能性は少ないながら、万が一そのような事態になれば、2100年までにほとんどの沿岸部は浸水し、数百万人の生活が脅かされることになる。「1.5度上昇」目標は 地球上のほとんどすべての国は現在、2015年12月に採択された気候変動対策のためのパリ協定に参加している。パリ協定で各国は、産業革命以前の気温からの気温上昇分を、今世紀中は摂氏2度より「かなり低く」抑え、1.5度未満に抑えるための取り組みを推進すると合意した。この「1.5度」目標について、IPCC報告書は、専門家たちが様々なシナリオを検討した結果、二酸化炭素の排出量が大幅に減らなければ、今世紀中に気温上昇は1.5度はおろか2度も突破してしまうと判断を示した。 IPCCは2018年の特別報告書ですでにこの見通しを予測していたが、今回の報告書でそれを確認した。 「1.5度上昇」について、報告書執筆者の1人、豪メルボルン大学のマルテ・マインシャウゼン教授は、「個別の年にはそれよりもっと早く、1.5度上昇に到達する。すでに2016年にはエルニーニョの最中に2カ月間、到達していた」と説明する。「最新報告は2034年半ばだろうと推測しているが、ひどく不確実だ。今すぐ起きるかもしれないし、起きないかもしれない」 現在の地球の温度はすでに産業革命以前のレベルから1.1度、上昇している。そして近年、異常気象現象が頻発している。それが今後、何年もかけて1.5度上昇まで到達するとなると「ますます激しい熱波が、ますます頻繁に起きる」と、報告書執筆者の1人、英オックスフォード大学のフリーデリケ・オットー博士は言う。「地球全体で、集中豪雨がさらに増えるだろうし、一部の地域ではなんらかの干魃(かんばつ)も増えるだろう」 動画説明, グリーンランド氷河を15年ぶりに取材しBBCが見た驚異の変化を報告しました。

 報告書を作成したIPCC1作業部会のカロリーナ・ベラ副議長は、「私たちはすでにあちこちで気候変動の影響を経験していると、報告書は明示している。しかし今後も、温暖化が進むごとに、変化も同時に起こり、私たちはそれをさらに経験することになる」と述べた。では、何ができるのか。気候変動がもたらす悪影響について、この報告書は今までになく明確に断定している。しかし多くの科学者は、2030年までに地球全体の温室効果ガス排出量を半減できれば、気温上昇を食い止め、あるいは反転させることができるかもしれないと、以前より期待を高めている。温室効果化ガス実質ゼロ(ネットゼロ)を実現するには、まずクリーンエネルギー技術の利用で可能な限り温室効果ガスを減らした後、残る排出を炭素隔離貯留技術によって回収する、もしくは植林によって吸収するなどの取り組みが必要となる。 英リーズ大学のピアス・フォースター教授は、「かつては、たとえネットゼロを実現しても、気温上昇は続くと考えられていた。しかし今では、自然界が人間に優しくしてくれると期待している。もしネットゼロを実現できれば、それ以上の気温上昇はおそらくないだろうと。温室効果ガスのネットゼロが実現できれば、いずれは気温上昇を反転させて、地球を少し冷やせるようになるはずだ」と言う。 今回の報告によって、地球温暖化の今後の展望が前より明確に示された。その影響は、避けようがないものが多い。しかし報告書の執筆者たちは、これが運命だと諦めてはいけないと警告する。 「温暖化のレベルを下げれば、事態が一気に悪化する転換点に達してしまう可能性がかなり減らせる。破滅すると決まったわけではない」と、オットー博士は言う。 気候変動における転換点とは、温暖化が続くことで地球の気候システムが急変する時点を意味する。 各国政府の首脳陣にとって、今回のIPCC報告は長年何度も繰り返されてきた警鐘のひとつに過ぎないかもしれない。しかし、11月のCOP26は目前だ。それだけに、今までより大きく政治家たちの耳に響くかもれない。

 現に、2021年は地球温暖化の気候変動の大きな影響が世界各地で起きております。地中海沿岸のイタリヤ、ギリシャ、トルコでは偏西風の蛇行の影響により熱波となり、イタリアのシチリア島では8/11に最高気温48・8度を観測したと発表。世界気象機関(WMO)によって確認されれば、観測史上、欧州で過去最高気温。イタリアでは「ルシファー」と呼ばれる高気圧の影響で高温が続き、シチリア島やサルデーニャ島、カラブリア州などで山林火災が広がっております。

【イタリアの山火事の模様】

 また、イタリアを襲っている強烈な熱波が原因で、シチリア島フロリディアでは、カタツムリが、死ぬ事態が発生しております。カタツムリはシチリア島では、食材の一つとして使われております。カタツムリ生産者のジウシー・パパラルドさんは、多くのカタツムリの死体が残った畑で1つをつまみ「見てください、このカタツムリは内側が調理された状態になっています」と、ニューヨークタイムズに述べております。

 ギリシャでも8/3に最高気温47・1度を観測するなど猛暑が続き、本土や島々で山林火災が立て続けに起きております。

 イタリア、ギリシャ、トルコでは、熱波による山林火災が相次いで起きており、深刻な問題となっております。

 日本においても、東京オリンピック2020が終わり、お盆休みに入る直前の8月11日、気象庁が異例の呼びかけを行いました。理由は日本付近に停滞する前線です。暖かく湿った空気が流れ込む影響で、九州各地や西日本を中心に大雨となり、その後も雨の量が増える恐れがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に対する厳重な警戒を呼びかけました。前線は当初、中国大陸から九州付近にのびていましたが、次第に東にのび、日本付近に停滞、活動が活発な状態が続く予想です。「どこで大雨になってもおかしくない状況が続く。梅雨末期に似ている」とのこと。また、この停滞前線の影響により、『線状降水帯』が次々と発生し、九州各地、広島県に対して、「何百年に一度の大雨のため命を守る行動をとってください」とテレビでは何度も報道されました。まさに、日本も気候変動の真っただ中におります。

【日本の天気図】

【九州の大雨の様子】

 一方、大雨はヨーロッパではドイツを中心に大雨による洪水が相次ぎ、地元の警察などによりますと、これまでに亡くなった人は合わせて160人を超え、今も安否が分からない人がいるということです。一方、水が引いた地域では復旧作業も始まり、被害状況も明らかになってきています。特に被害が大きかったドイツ西部のラインラント・プファルツ州などでは、7/13から雨が強まって大雨が降り続いた影響で7/14から7/15にかけて洪水が発生しました。地元の警察や州政府によりますと、これまでに死者は141人、けが人は670人にのぼっていて、今も安否が分からない人がいるということです。また、隣国のベルギーとオランダでも洪水の被害が拡大していて、ベルギーでは当局の発表で少なくとも24人が死亡したということです。一方、水が引いた地域では復旧作業も始まっています。ドイツ西部のアールバイラーという町では大雨ですぐ近くを流れる川から水があふれ、14日夜から15日の未明にかけて町の商店街にも大量の水が流れ込み、多くの建物が水につかりました。中には水が建物の2メートルほどの高さまで達したところもあったということです。この地域では17日には水が引き、地元の人たちが通りにたまった泥をかき出したり、水につかって売れなくなった商品を廃棄したりする作業に追われていました。42年にわたって経営する手芸店が水につかったという女性は「42年間、店を営んできましたが、営業を再開するのはもう無理です」と疲れた様子で話していました。また、近くに住む男性は「こんなことは誰も予想できませんでした。3時間足らずですべてが水につかりました」と話していました。

【ドイツの大雨被害の様子】

 地中海沿岸のイタリア、ギリシャ、トルコの熱波による山火事、日本の停滞前線と線状降水帯の出現による記録的な大雨、そしてヨーロッパのドイツを中心とした大雨の大被害は、まさに、地球温暖化による気候変動の影響はまちがいありません。

 またまたとんでもないことがありました。8/14には、ほとんどが北極圏に当たるグリーンランドを覆う氷床の最高地点(標高3216m)で、観測史上初めて雪でなく雨が降ったと米国立雪氷データセンターが8/20までに発表した。米紙ワシントン・ポストは「地球温暖化の影響抜きには考えられない」との専門家の声を伝えた。発表や報道によると、最高地点には1989年から観測施設がある。グリーンランドでは今月14~16日、気圧配置の関係で南から暖かく湿った空気が入り、広範囲に雨が降った。1950年以降で最も大規模な降雨の可能性がある。氷床の融解も進んだ。グリーンランドの氷床融解は海面上昇につながる。

【グリーンランドの観測史上初めての降雨】

 世界各地で地球温暖化による気候変動が起こっております。「観測史上初めて」との報道ばかり。明らかに、自然は人類への赤信号を発しているに違いありません。現代に生きる私たち一人一人が、地球温暖化を何とか食い止めて、地球の未来を築いていくしかありません。一人でも多くの方々に地球温暖化問題を認識して頂きたいものです。

【記者 鹿目 哲生】

 

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年08月号 vol.46

相馬野馬追は、福島県相馬市中村地区を初めとする同県浜通り北部(旧相馬氏領。...

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...