バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末...

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。   江戸時代...

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

ザ・戊辰研マガジン

2021年06月号 vol.44

6月の倉敷美観地区散歩

2021年05月31日 17:06 by minnycat

 ほとんど毎日、倉敷美観地区へ散歩に行っていますが、美観地区の入り口にとうとう、こんな張り紙がしてありました。

 先日、オリンピックの聖火リレーも倉敷市では中止となり、宣伝カーのみ来ていました。ものの20分ほどで岡山県北へ走り去っていきました。

 オリンピツクは開かれるのでしょうか。

 そして、トボトボと美観地区に入っていきますと、成人式用の写真を写している綺麗なお嬢様と出会えました。

 結婚式も披露宴などはコロナ禍のため開けず、このような画像だけを写す「フォト婚」というのが今や主流だそうです。安上がりで良いですが、周りに観客もいず、、寂しい限りですね。

末永くお幸せに、、!

 今年は白鳥のヒナも誕生せず、寂しい倉敷川となりました。

 美観地区の中央に歩いて行くと、、なにやら、楽しい生き物が!!! 着ぐるみを着た可愛い子らと出会いました。私一人のために、こんな可愛らしいポーズを取ってくれたんですよ。感激です! (^o^)

おとなしいワンちゃんとも出会えました。

 大原本邸の裏道をゆっくりと帰宅しました。

 

 

関連記事

【幕末維新折々の記・三十一】仙台(松島、原ノ町、榴ヶ岡、長町)、福島

2022年07月号 vol.57

おやじのブログ、その12、〈「日米和親条約」締結される〉

2022年07月号 vol.57

近藤勇の無念を胸に「二ツ沼の戦い」に挑んだもと新選組の二人

2022年07月号 vol.57

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末...

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。   江戸時代...

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...