バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…

ザ・戊辰研マガジン

2021年04月号 vol.42

「慶長使節船ミュージアム サン・ファン館」半平太

2021年03月24日 17:15 by minnycat
2021年03月24日 17:15 by minnycat

写真はつい先日、石巻に出張したときに立ち寄った「慶長使節船ミュージアム サン・ファン館」に展示してある、バウティスタ号。

伊達政宗の野望と支倉常長の苦悩を乗せて、太平洋を横断した洋式帆船の復元船です。 大震災の津波にも耐えたバウティスタ号ですが、老朽化により今年3月いっぱいで取り壊しとなるため、ちょいと眼に焼き付けてきました。 老朽化のため中には入れませんでしたが、太平洋を横断したとは思えない小さな船です。瀬戸内海や佐渡汽船のフェリーより全然小さい。シアターで見事に3D再現された内部を観ましたが、これに180名もの人が乗って横断したなんて信じられませんでした。 しかしこのバウティスタ号が無くなったら、慶長使節船ミュージアムはどうするんでしょうか。10分程度で回れる展示物と7、8分のシアターだけじゃ、誰も来ないでしょう。本当に心配。 そう思うと広島呉の大和ミュージアムは凄いですね。いつも人がいっぱい。知名度の差はいかんともしがたいな。 伊達政宗の幕府転覆策謀をつづった新史料でも発見されれば盛り上がるんでしょうかね。本当に地方再生は大変です。戊辰研会員 半平太

 

関連記事

【幕末維新折々の記・三十二】京都・将軍塚の大舞台

2022年08月号 vol.58

土方歳三の愛刀「和泉守兼定」福島県内初公開(「新選組展2022」7/23開幕)

2022年08月号 vol.58

江戸幕府老中 板倉勝静の書状発見 高梁・山田方谷記念館で公開

2022年08月号 vol.58

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.58

2022年7月23日(土)~9月19日の間、会津若松市の「福島県立博物館」で『…

2022年07月号 vol.57

福島県内の建造物で唯一の国宝「白水阿弥陀堂」は、建造物の様式から平安時代末期に…

2022年06月号 vol.56

六月の花の紫陽花、画像から見えるその二軒先は内科医院でした。 江戸時代、その地…