バックナンバー(もっと見る)

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...

2021年03月号 vol.41

NHK大河ドラマ、渋沢栄一を描いた「青天を衝け」がいよいよ始まりました。 ...

ザ・戊辰研マガジン

2021年04月号 vol.42

「慶長使節船ミュージアム サン・ファン館」半平太

2021年03月24日 17:15 by minnycat

写真はつい先日、石巻に出張したときに立ち寄った「慶長使節船ミュージアム サン・ファン館」に展示してある、バウティスタ号。

伊達政宗の野望と支倉常長の苦悩を乗せて、太平洋を横断した洋式帆船の復元船です。 大震災の津波にも耐えたバウティスタ号ですが、老朽化により今年3月いっぱいで取り壊しとなるため、ちょいと眼に焼き付けてきました。 老朽化のため中には入れませんでしたが、太平洋を横断したとは思えない小さな船です。瀬戸内海や佐渡汽船のフェリーより全然小さい。シアターで見事に3D再現された内部を観ましたが、これに180名もの人が乗って横断したなんて信じられませんでした。 しかしこのバウティスタ号が無くなったら、慶長使節船ミュージアムはどうするんでしょうか。10分程度で回れる展示物と7、8分のシアターだけじゃ、誰も来ないでしょう。本当に心配。 そう思うと広島呉の大和ミュージアムは凄いですね。いつも人がいっぱい。知名度の差はいかんともしがたいな。 伊達政宗の幕府転覆策謀をつづった新史料でも発見されれば盛り上がるんでしょうかね。本当に地方再生は大変です。戊辰研会員 半平太

 

関連記事

【幕末維新折々の記・十八】新島旧邸(新島襄と八重の住まい)

2021年06月号 vol.44

戊辰戦争 見えてきた実像(朝日新聞 2018.10.22)

2021年06月号 vol.44

みちこの幕末ちょっと寄り道 「日本最古の新聞」

2021年06月号 vol.44

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...

2021年03月号 vol.41

NHK大河ドラマ、渋沢栄一を描いた「青天を衝け」がいよいよ始まりました。 ...