バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...

ザ・戊辰研マガジン

2021年03月号 vol.41

3.11から10年経ちました!

2021年03月01日 16:51 by minnycat

3.11から10年が経ちます。 その時の星先生の取材記です。

戊辰研では、3.11の二ヶ月後に現地で集会をしました。

仙台臨時集会

5月27/28/29日 5月27日(金)、一関駅で会員が合流後に南三陸町を皮切りに南下、女川・石巻・東松島を取材し、松島に宿泊。 1日目、花ごころの湯新富亭http://www.hotel-shintomi.co.jp/  

5月28日(土)、朝8時30分に、塩釜・仙台港・仙台空港・ 岩沼・亘理・山元・相馬・南相馬を取材して、当夜は作並温泉に宿泊。 2日目、作並温泉(作並一の坊)http://www.ichinobo.com/sakunami/  

5月28日(日)、作並温泉を出発、仙台南道路を経由し、若林・荒浜・ゆりあげ・名取を取材して、午後16時仙台駅にて解散しました。

 生徒が74名亡くなった大川小学校にも行きました。

 先に訪れていた友人が私の送った倉敷銘菓の「高瀬舟」を供えていてくれ、涙しました。

一心に祈る星亮一先生です。

 南三陸の防衛対策庁舎にも訪れ、涙しました。

10年経ちましたが、復興は順調なのでしょうか。

また、戊辰研で慰問集会を開きたいです。

 

 

関連記事

【幕末維新折々の記・二十八】本宮(もとみや)

2022年05月号 vol.55

【幕末維新折々の記・二十九】横浜・関内(その1)

2022年05月号 vol.55

【新真実】松平容保の御宸翰 明治天皇提出は秋月悌次朗の人脈だった

2022年05月号 vol.55

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...