バックナンバー(もっと見る)

2020年12月号 vol.38

今回の表紙は栃木県那須塩原市に建つ大山記念館。大山巌(旧薩摩藩士・元帥・公...

2020年11月号 vol.37

戊辰研マガジンは今回で37回の発刊になります。  表紙の描写はほとんどが風...

2020年10月号 vol.36

数年前、会津鶴ヶ城に行った時、天守閣の近くでお侍さんにバッタリ遭遇。快く撮...

ザ・戊辰研マガジン

2021年1月号 vol.39

「ずいずいずっころばし」

2020年12月29日 16:05 by minnycat

「ずいずいずっころばし」

 昔から何気なく歌っていた童謡、どういう 意味の内容か、、分かりますか。 茶壷というのは、将軍御用達の茶壷行列のこと。 将軍に献上される品に対しても、あたかも将軍 その人であるかのような作法が求められ、たとえ 大名といえども、道を譲って駕籠から降りねば ならず、庶民は後難を恐れて家の戸をビシャと閉め、 通過するのをひたすら待った。

ずいずいずっころばしごまみそずい     

ちゃつぼにおわれてとっぴんしゃん     

ぬけたらどんどこしょ     

たわらのねずみがこめくってちゅう     

ちゅうちゅうちゅう     

おっとさんがよんでもおっかさんがよんでも     

いきっこなしよ     

いどのまわりでおちゃわんかいたのだれ

-------------------------------------------------------------------

ごまみそ=ごますり接待のこと

トッピンシャン=家の戸を閉める音

抜けたら=通り抜けたら ドンドコショ=安心して大騒ぎ

ねずみ=役人の例え

ずいずい=どんどん 

ずっころばし=すっ転ろばし 

ゴマみそずい=ごますり接待 

米食って=私たちが汗水流して作り上げた米を取り上げて

チュウチュウチュウチュウ=(役人たちを小ばかにしている)

井戸のまわりで=井戸は罪を背負ったときの身投げの場所でもあった

関連記事

【幕末維新折々の記・十三】鉄道開業と新橋停車場

2021年1月号 vol.39

『戊辰白河口戦争記』を読む(6)地形図で確かめながら

2021年1月号 vol.39

青天を衝け

2021年1月号 vol.39

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年12月号 vol.38

今回の表紙は栃木県那須塩原市に建つ大山記念館。大山巌(旧薩摩藩士・元帥・公...

2020年11月号 vol.37

戊辰研マガジンは今回で37回の発刊になります。  表紙の描写はほとんどが風...

2020年10月号 vol.36

数年前、会津鶴ヶ城に行った時、天守閣の近くでお侍さんにバッタリ遭遇。快く撮...