バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...

ザ・戊辰研マガジン

2021年1月号 vol.39

関東幕末史跡巡り12 横浜編その4 旧生麦村

2020年12月16日 16:31 by katsukaisyu

リチャードソン殺害事件

 横浜と言えば、生麦事件です。

 旧生麦村の位置は、東海道沿い、横浜と品川の間に なります。数ある攘夷事件の中で、後世に最も影響を及ぼしたのが、このリチャード ソン殺害事件です。何しろ、賠償をめぐって実際に薩英戦争にまで進展しましたから ね。今は一人亡くなっても(ご本人にとっては不幸なことですが)、戦争まではいか ないでしょうけど。

 生麦事件は文久2年(1862)8月21日、島津久光が卒兵上京後、江戸へ向かい、その 薩摩への帰国途上で起きました。横浜の居留地に滞在していた英国系の民間人4名(1 名は女性)リチャードソン、マーガレット、マーシャル、クラークが、川崎大師を見 物しようと、騎乗で東海道を横浜の居留地から江戸方面に向かっている途中、薩摩藩 の行列に遭遇しました。英国人たちは街道を2列で進んでいて、前から行列が来たの で、リチャードソンがよけようとして、マーガレットの乗った馬に接触し、溝に馬の 脚が入ってしまい、戻そうとして、行列の中に入り込んでしまったという状況です (「ドキュメント生麦事件」生麦事件参考館館長 淺海武夫氏著)。

 今風に言えば、交通事故なのですが、何しろ相手が、攘夷に燃えていた薩摩藩です ので、ただではすまず、久光の供頭である奈良原喜左衛門が見とがめ、引き返せと合 図するも、何しろ相手は異国人でうまくは通じず、現場はますます混乱しました。奈 良原は「無礼者」とリチャードソンに斬りつけ、他の藩士たちも英国人たちに襲い掛 かり、負傷したリチャードソンらの乗った馬は横浜方面に引き返します。さすがに薩 摩の侍は女性は斬らず、マーガレットは帽子を吹っ飛ばされて、前髪を斬られて、ア メリカ領事館へ駆け込み、助けを求めました。その後、負傷したクラークとマーシャ ルは横浜に戻り、ヘボン医師の手当てを受け、明治まで存命します。ただ、重傷を負 い、落馬したリチャードソンは海江田武次がとどめを刺しました。この海江田、後に 奈良県知事、京都府知事になった方です。

関連記事

【幕末維新折々の記・十九】東京商法講習所

2021年07月号 vol.45

会津おやじのブログ、その1

2021年07月号 vol.45

みちこの幕末つれづれ 

2021年07月号 vol.45

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...