バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...

ザ・戊辰研マガジン

2020年12月号 vol.38

冬の会津へ、こらんしょ

2020年12月06日 18:07 by tetsuo-kanome

【雪景色の鶴ヶ城】

【雪景色の磐梯山】

【雪景色の大内宿】

 雪の会津は、なかなかいいものです。鶴ヶ城では、11/7から新しい企画展として『幕末の会津藩』が始まりました。いつもならひっそりとした冬季展示ですが、今年はコロナ禍ということもあって、収蔵している幕末期のお宝を一挙公開!12月10日までを前期として入れ替えるそうです。収蔵品展としてはもったいない顔ぶれになってます。後期は来年の1月17日まで展示されます。

 これらの展示物は見たいものばかり。溜息モノです。本物が見たいなぁ。

 鶴ヶ城売店では、「ポケット式 オリジナル御城印帳」 第2弾が新発売となりました‼️ 文字と家紋が金箔押しになり、 高級感が溢れる仕様です。「ポケット式オリジナル御城印帳」税込2300円

う~これは欲しい~。

 コロナ禍だからこそ、コロナに負けず会津は頑張ってますネ。応援したいと思います。

【冬晴れの鶴ヶ城】

 “冬の会津へ、こらんしょ”

 【記者 鹿目 哲生】

 

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...