バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...

ザ・戊辰研マガジン

2020年12月号 vol.38

ほぼ七割方回復、晩秋の倉敷美観地区!

2020年11月27日 15:56 by minnycat

あれほど閑散として見る影もなかった倉敷美観地区ですが、連休もあり、観光客が戻ってきてくれています。

白鳥の空ちゃんと夢ちゃんもお出迎えです。

観光船もたくさんの人を乗せ運航中です。

11月は新婚さんが50組、予約が入っているそうです。毎日、美観地区に行くと新婚さんとバッチリ出会えます。

道をゆく女性も和服姿が多いです。

そして路地を少し入ると成人式の前撮りの振り袖美人とも出会えます。

人力車もたくさんの人を乗せて、、! 今は、休憩中のようです。

アイビースクウェーアーにもパラソルと椅子が出されて、観光客が多くなったということですね。観光客が見ているのは、鯉です。大きいですよ。

これから初冬にかけて、更に多くの観光客が訪れてくれることでしょう。

 

関連記事

【幕末維新折々の記・十九】東京商法講習所

2021年07月号 vol.45

会津おやじのブログ、その1

2021年07月号 vol.45

みちこの幕末つれづれ 

2021年07月号 vol.45

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...