バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...

ザ・戊辰研マガジン

2020年12月号 vol.38

関東幕末史跡巡り10 横浜編その3

2020年11月26日 16:19 by katsukaisyu

横浜編 その3 「開港資料館 」

 こちらは開港記念館のすぐ近く、開港資料館です。ここには、横浜開港に関する資料 が展示されています。

 玄関に入ってすぐに目につくのが、このたまくすの大木です。ここに開港資料館があ るのは、このたまくすの位置にかかわりがあります。

 上の絵画は教科書にも載っている日米和親条約締結のため、ペリーご一行が上陸した 場面を描いている絵ですが、ご覧になったことがあるかと思います。この絵の向かっ て右側、大きな木が描かれていますが、ここは元は神社があったそうで、そちらの木 でした。はい、現在の開港資料館の場所です。写真の木は空襲で焼かれましたが、そ の後、再び芽吹き、現在の大木になっているとのことです。この木はまさに、横浜の 歴史を見続けてきた木です。

 たまくすの木の周りに、いくつか石碑がありました。こちらに集めたのでしょう。  資料館の方は、内部の写真が撮影できず、お見せできないのですが、日米修好通商 条約を締結した岩瀬と井上らを撮影した珍しい集合写真の複製が展示されていまし た。数人映っていて、なぜ、人物が特定できるのだろうと思っていたのですが、裏に アルファベットで記名されているのが分かりました。Iwasehigonokami(岩瀬肥後 守)とあります。

 岩瀬らの尽力のおかげで開港し、鎖国も幕を閉じたわけですが、160年後にまさか まさかの再鎖国!状態です。疫病で、渡航ができなくなるとは、前代未聞です。いつ まで続くのやら、早く自由に海外に行けることを切に願っています。 他にもたくさん、幕末期の資料があり、古地図も展示されていて、興味深いものがあ りました。 資料館のすぐ横は日本大通りとのことで、この通りは幕末期には外国人居留地と村 落を分けた道だったとのことです。近代日本の始まりです。

 

関連記事

【幕末維新折々の記・十九】東京商法講習所

2021年07月号 vol.45

会津おやじのブログ、その1

2021年07月号 vol.45

みちこの幕末つれづれ 

2021年07月号 vol.45

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年07月号 vol.45

日本近代資本主義の父ともいわれる渋沢栄一。その彼が多くの業績を残せたのは「...

2021年06月号 vol.44

今月の表紙は倉敷美観地区の倉敷川に架かる中橋。橋の向こうには倉敷考古館があ...

2021年05月号 vol.43

攬勝亭(らんしょうてい)は、会津藩初代藩主保科正之公によって命名され、御薬...