バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.36

数年前、会津鶴ヶ城に行った時、天守閣の近くでお侍さんにバッタリ遭遇。快く撮...

2020年09月号 vol.35

台風シーズンの到来です。 海を航海する船にとって怖いのは暴風と座礁ではない...

2020年08月号 vol.34

「朝顔に つるべ取られて もらい水」 井戸に水を汲みに行ったら、つるべに朝...

ザ・戊辰研マガジン

2020年11月号 vol.37

大和の歴史 十津川郷士、その3(田中光顕と田中主馬蔵)

2020年11月02日 15:57 by tama1

誓いの碑

 幕末の十津川郷に「太平記」ブ-ムを持ち込んだ長澤俊平という人物がいます。 十津川郷の若者たちに勤王の志を伝えるなど、大きな影響を与えたこの人のことを先ず もって知っておかなければなりません。

  「十津川草莽記」によるとこの人の素性はいまひとつはっきりしないのですが、本人の 自己紹介によると丹波亀山藩の藩士だったとか。「太平記」にとりつかれ、そこに登場す る大塔宮護良親王(おおとうのみやもりよし:後醍醐天皇第三皇子)に心酔、親王がさ すらった吉野・十津川の山々を訪ね、できればそこに定住したいと思い、藩を致仕して やってきたといいます。

  長沢は十津川郷の北入り口にあたる、上野地村の小来栖に居を構えると、村の有力者達 と往来する一方、郷民に文武を教えました。常に「太平記」を懐にして、護良親王の十津 川彷徨のくだりを涙ながらに朗読しながら、南朝と十津川郷の由縁を語り、「諸君らの先 祖は、五百年も昔にこうして天皇に尽くした。天皇と十津川郷には切っても切れぬ縁が ある。その天皇がいま未曽有の国難に直面して、いたく宸襟を悩ませていると聞く。諸君 はこれを黙ってみておってよいのか」と強く訴えました。

  彼はまた、大変な酒豪で、酔うと必ず痛烈な口調で幕府を罵倒し、将軍は臣下でありなが ら、君主のごとく、豪奢をきわめているのに、京の天皇は万事に不如意を忍ばれている。 本末転倒も甚だしい。断じて許せん!といきまき、あげくには素っ裸になって立ち上がり 「諸君、これが正真正銘、生まれついての俺の姿だ。俺はこの体を天皇に捧げ、幕府 打倒のために闘う。諸君もつづけ!」 と拳を突き上げ吠えたといいます。相当な奇行家だが、十津川郷士たちは、こんな長沢に かえって親しみを覚えたらしく、「長沢先生の睾丸酒」と呼んで敬愛、かれの勧める「太 平記」は郷内第一の愛読書となり、”長沢信者”がぞくぞくと現れていきます。

  十津川郷に勤王の志を伝えた長沢俊平の墓。(十津川村上野地)

 これら信者は、みな、幕末の風雲に乗じて何かを成したいと、うずうずしていた若い郷士 たちであり、前年(嘉永六年)六月の黒船騒ぎの時も、五條代官所に駆け付け「一郷協力 して、応分のご用を勤めたい」と熱心に売り込み、代官を喜ばせ、江戸からの指示を待っ たこともあったほどで、そんな折だけに、長沢の尊攘論は若い郷士達の心に火をつけた のも自然の流れであったのでしょう。

  そんな中、郷士らは、毎日のように長沢の所に集まり、山奥では知りえない情報も教えて 貰っている。黒船騒ぎでは、結局、幕府は米使ペリ-の恫喝に負け、勅許を得ずに開国の 条約を結んだので、孝明天皇がひどくお心を痛めておられること。各地で志士が回天に 立ち上がりつつあること。などなど最新の情勢も長沢から知らされています。

「江戸から沙汰がなかったのも道理。われらが、ご奉公すべきは江戸ではなく、京の天朝 さまだった」 代官所の沙汰を後生大事に守って来た郷士らは、まさに目からうろこが落 ちる思いがしたことでしよう。

関連記事

【幕末維新折々の記・十一】東叡山寛永寺

2020年11月号 vol.37

紅葉の鶴ヶ城ライトアップ

2020年11月号 vol.37

「竜馬がゆく」の思い出

2020年11月号 vol.37

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.36

数年前、会津鶴ヶ城に行った時、天守閣の近くでお侍さんにバッタリ遭遇。快く撮...

2020年09月号 vol.35

台風シーズンの到来です。 海を航海する船にとって怖いのは暴風と座礁ではない...

2020年08月号 vol.34

「朝顔に つるべ取られて もらい水」 井戸に水を汲みに行ったら、つるべに朝...