バックナンバー(もっと見る)

2020年05月号 vol.31

2020年は会津藩が下北半島に流転棄民されてから150年を迎える、下北半島...

2020年04月号 vol.30

弥生3月桜の季節になった、このマガジン30号が発刊される頃はすでに葉桜とな...

2020年03月号 vol.29

「長州は未来永劫に仇敵だっ」と会津人が言ったのは152年前である、だが会津...

ザ・戊辰研マガジン

2020年06月号 vol.32

今日の美観地区散歩、人もちらほら!

2020年05月31日 20:33 by minnycat

  GWも過ぎ去り、連日、人気の全くない、我が「倉敷美観地区」です。さて、今日の賑わいは如何なものかと、いつもの路地を通り抜け美観地区へと向かいます。

  右が大原家本邸です。大原さんは京都の別邸暮らし、この本邸は中を整理して、公開しておられます。まだ未公開の時に内部を見学させて頂きました。この右の建物群は、向こうの黄土色の大原家の別宅へと続きますが、すべて藏です。それも満杯に物が詰められていました。巨大な犬小屋がたくさんありました。当時は警備会社もなく、番犬をたくさん飼っていたのでしょうね。

  大原美術館前に来ました。残念ながら閉館で、いつから開館かさえ掲示されていません。残念です。カメラクルーが撮影に来ていました。

  白鳥のオスの空ちゃんが物憂げそうに泳いでいます。

  石坂浩二さんの行きつけの「エルグレコ」は開いているようです。ツツジが綺麗ですね。

  この中橋、いつも真ん中から写したかったのですが、人が大勢で、、やっと全景、写すことができました。

  歩いて行くと、結構、人が通っていますね。

  そして、かわいいワンちゃん達とも遭遇、、、何を見ているのかな。

 初夏を感じさせてくれる流し船、、次回は観光客を乗せているのでしょうか?? 早く、美観地区に人が戻って来てくれます様に!

関連記事

【幕末維新折々の記・六】鳥羽・伏見の戦い

2020年06月号 vol.32

『戊辰白河口戦争記』を読む(1)『戦争記』と私

2020年06月号 vol.32

続 会津三庭園の一つ攬勝亭が開発の危機!

2020年06月号 vol.32

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年05月号 vol.31

2020年は会津藩が下北半島に流転棄民されてから150年を迎える、下北半島...

2020年04月号 vol.30

弥生3月桜の季節になった、このマガジン30号が発刊される頃はすでに葉桜とな...

2020年03月号 vol.29

「長州は未来永劫に仇敵だっ」と会津人が言ったのは152年前である、だが会津...