バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

2020年1月号 vol.27

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にあり...

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

ザ・戊辰研マガジン

2020年03月号 vol.29

倉敷雛巡り

2020年03月02日 18:40 by minnycat

今年も、倉敷雛巡りがスタートしました。倉敷市内、児島、玉島、水島、勝山、備前片上、笠岡で開催されています。22日から3月8日(日)までです。 https://www.okayama-kanko.jp/event/12852

美観地区のお雛様の展示を見て来ました。 いつもの路地から美観地区へ、白鳥のソラとユメもお出迎えです。

右手の建物は、大正8年築の元・役所、今は観光案内所ですが、リニューアルが完成していました。

流石の美しさです。

さて、大原美術館の中に「新渓園」というお庭があります。 今回は無料で見学できます。そのお庭に面した建物で、お雛様が勢揃いしていま す。この建物は大原家の別荘でした。広さは何と56畳!!新渓園は、1893年(明治26年)に倉敷紡績(クラボウ)初代社長である大原孝四郎の 還暦祝いの別荘として建設されました。 広く一般に開放されています。

そして、美観地区の名家に伝わるお雛様を見て回ります。

吉井旅館さんのお雛様、左手奥の一松人形の大きさにはビツクリしました。

呉服商「はしまやさん」のお雛様、ここは司馬遼太郎も訪れています。

ああ、楽しかった。こんなワンちゃん達とも出会えましたよ。

関連記事

【幕末維新折々の記・三】明石藩舞子台場(舞子砲台)

2020年03月号 vol.29

碑文に見る幕末 新選組遺蹟 - 油小路事件跡(油小路)

2020年03月号 vol.29

会津三庭園の一つ「攬勝亭」の保存を望みます

2020年03月号 vol.29

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.28

「勝っても賊軍、負けても官軍」、これが明治以降の日本の真実のはずだった。こ...

2020年1月号 vol.27

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご高配を賜り、誠にあり...

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...