バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2019年08月号 vol.22

会津の峠

2019年08月03日 22:26 by tange

 慶応4年(明治元、1868)、私の曾祖母・鈴木光子は、8歳で会津戊辰戦争に遭遇する。
 戦いに敗れ女性ばかりとなった家族は、斗南(現むつ市)へ渡るため、アメリカ商船が船出する新潟に向かう。光子、10歳のとき。
 本州最北の地で艱難辛苦の三年を過ごし、光子は懐かしの故郷へ帰ってくる。
 18歳で結婚した光子は、東京での勉学を志す夫に寄り添い、故郷を後にする。

 会津は周囲を急峻な山々で囲まれた盆地である。光子は、人生の節目、節目に、それぞれの峠を越えている。会津の峠の険しさは、彼女が越えなければならなかった人生そのものだったに違いない。

 曾祖母を思い、詩「会津の峠」を詠む。同じように戊辰の時を駆け抜けた会津の若者たちも、厳しい峠を越えて各々の道を切り開いている。彼らにも思いを馳せて……。
令和元年7月7日


会津の峠

人が撃たれ街が燃える
少女8歳
戦火逃れて小檜沢(こびさわ)峠
けわしい山道、苦しさばかり 

父を失い北へ往く
少女10歳
故郷追われて十三峠
先は大海(おおうみ)、不安がつのる

思い出つらく帰り着く
少女13歳
故郷ふたたび滝沢峠
助かりし命、青葉目に染む

維新の時を生きていく
妻となり18歳
あしたへ越える中山峠
おおきな望み、心に秘めて


滝沢峠を越え、会津若松への道

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...