バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...

ザ・戊辰研マガジン

2019年06月号 vol.20

倉敷美観地区、藤祭り

2019年06月01日 20:53 by minnycat

今年のGWも、世界各地から、大勢の観光客に来て頂けました。 5月1日(月)~5日(祝)は、倉敷市本町にある阿智神社で、藤祭りが開催されました。美観地区の阿智神社から市内が見渡せます。

白壁に鯉のぼりが映えています。

倉敷市の花は「藤」なんですよ。阿智神社の「阿知の藤は、推定樹齢300~500年の県天然記念物、アケボノフジという珍種です。岡山県の天然記念物にもなっています。根回り1.5m、根元周囲2.2mもの巨樹で、20m四方に枝を広げます。お茶席や能楽の披露、備中神楽などの催しも楽しめました。

美観地区入り口の「倉敷物語館」の前には素晴らしい藤の門がつくられています。 今年のミス藤

娘です。一番前で撮影できました!

関連記事

【先祖たちの戊辰戦争・十二】箱館(二)

2019年12月号 vol.26

会津藩校「日新館」を巡る

2019年12月号 vol.26

萩市長会津若松市政120周年式典出席~幕末の会津VS長州の対立 「交流始める第一歩に」

2019年12月号 vol.26

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.26

12月に入りました、戊辰研マガジンが発刊されてから2回目の年末を迎えます。...

2019年11月号 vol.25

「義に死すとも、不義には生きず」これは会津武士の魂です。会津藩筆頭家老の梶...

2019年10月号 vol.24

151年前の9月に会津鶴ヶ城から白旗を持った侍が戦場に飛び出した、この時か...