バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...

ザ・戊辰研マガジン

2019年03月号 vol.17

倉敷 雛巡り

2019年03月01日 20:57 by minnycat

倉敷美観地区では、月一に催し物があります。今月は「雛祭り」です。美観地区周辺の民家やお店では代々伝わるお雛様を玄関先やお店に飾ります。

さあ、歩いて行きましょう。高瀬舟もたくさん行きかっています。

右に見えるのは自転車の車輪ではなく、人力車です。お兄さんの説明を聞きながらゆったりと観光できますね。二人乗りです。

さて、今回、私が特に見たかったお雛様は、大原美術館の中庭にある、大原家の別荘の一つ、、新渓園(しんけいえん)のお雛様。ここに入るのは無料です。美術館は入場券が要りますけど。

56畳の大広間にお雛様がずらり、、実は、私は今回初めて拝見させて頂きました。圧巻です。

この古風な一対は大原さんのではないでしょうか。

お道具も素晴らしいですね。

目の保養をさせて頂きました。

下お雛様は、帰りに地元商店街を歩きまして、洋装店のショーウィンドウのお雛様です。これもなかなか素晴らしいですね。

関連記事

【幕末維新折々の記・二十八】本宮(もとみや)

2022年05月号 vol.55

【幕末維新折々の記・二十九】横浜・関内(その1)

2022年05月号 vol.55

【新真実】松平容保の御宸翰 明治天皇提出は秋月悌次朗の人脈だった

2022年05月号 vol.55

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.55

2022年も始まり寒い季節から一気に夏日となりました。コロナ禍継続ではあり...

2022年04月号 vol.54

會津鶴ヶ城内には、約1000本の桜が花をつける会津随一の花見の名所で日本桜...

2022年03月号 vol.53

3月3日は女の子の節旬「ひな祭り」でした。ひな人形を飾り、白酒、ひし餅、ハ...